D DOG DAYS  EPISODE 2「はじめての戦!」です。

先週の第1話には、意表を突かれたといいますか、結局ひとまず予想の斜め下あたりを背後から突かれた感じだったわけです。

一応、ストーリー紹介とか前評判とかで聞いていた通りの、サーカス、アスレチックアクションのRPGファンタジーだったことには違いないのでしょうが。まぁ、第1話なので絵が綺麗で良かったですね。

ひとまず、今のところ内容の良否に関わらず、感想の完走するつもりなのでよろしくお願いします、と思っていたけれど自信が無くなってきた。(汗)

ということで、DOG DAYS  第2話「はじめての戦!」感想行きます。

ということで、公式のあらすじは、ずいぶんと遅れてくるようです。凝ってはいるんですが、タイムリーに欲しいなぁ。

あらすじ:

ここではない異世界フロニャルドのスコッティ共和国に、ミルヒ姫様から勇者として召還されたシンク・イズミだったが、予想を上回る活躍をする。

それを見た隣国ガレット獅子団領国のレオ姫は、勇者征伐に自ら出陣する。

レオ姫の強大な力に苦戦するシンクだったが、親衛隊隊長のエクレールの力を借り、どうにか彼女に打ち勝つ。

しかし、シンクはその後、勇者は一度召還されると自分の世界に戻れない事を知る。そしてそれは、ミルヒ姫も同様だった。

感想:

なるほど~。第2話で本性発揮ってことでしょうか。

基本的には、RPG調のファンタジーっていうことはいいのですが、まぁセブンアークスなので余分なお色気成分が付いてくると。だから内容的には、日曜朝10時でも深夜アニメにしないといけないわけですね。う~ん。

始まるまでは、実は少年を主人公にした熱血RPG調ファンタジーだと思ったんですが、お色気を交えられると、ちょっと肩透かしなんでしょうがどうなんでしょう。
オープニングだけ見ると、異世界アクションファンタジーでしょうか。それが第2話を見るとちょっと萌系オチャラケ方向に傾きました。

さて、それが物語り全体を支配するものなのかどうかはわかりませんが、ちょっと嫌な方向のにおいがし始めたのも事実です。ただ、なのはの1期もそこから立て直してくれましたから、背景にしっかりとしたものがあることを期待したいと思います。

なるべく明るい感じでね。

キーとなるのは、バーナード将軍でしょうかね。どうして興業が成り立っているのか、それがなぜガレット獅子団側の主導によるものなのか、でしょうか。

あと、レベッカがどう絡んでくるのかも楽しみです。今週も登場したので、それなりに重要なキャラなのでしょう。彼女が、シンクが元の世界に戻るためのキーになるのでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51672836.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-422.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますの で、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。