Y 夢喰いメリー #12「夢魘(むえん)」です。

夢喰いメリーは、今週で最終回だと思っていました。(汗)違いましたね。どちらにしても、書くのが遅れていますが。(滝汗)

どちらにしても、残り2話なので「灯台(ファロス)エルクレス」や「迷路(メイズ)ランズボロー」は、置き去 りっぽいですね。絶対に、「樹海(ミスト)ミストルティン」との決着で終了でしょう。

問題は、「追跡者(チェイサー)ジョン・ドゥ」がもう一度出てくるか(原作4巻の展開?)、メリーの秘められた力で解決かってところでしょうか。

ということで、夢喰いメリー 第12話「夢魘(むえん)」感想行きます。

原作は、コミックスで既読です。連載は追っていません。その前提でお願いします。

あらすじ:公式から引用)

ミストルティンとのバトルからあけて光凪医院に戻ってきた夢路たち。

一緒に戻ってきた千鶴が突然牢獄のデイドリームへいざなう。そして彼女の夢魔レオンが 現れる。

二人はミストルティンについて「レオンの銃でなければ、ミストルティンは倒せない」と語り始める。

感想:

あれ?公式のサブタイトルが間違っていますね。

ということで、今週は河浪 千鶴とレスティオンの目的がわかりました。というか、目的はほぼ分かっていたかな?レスティオンの経歴が不明だった感じですが。

先週、「樹海(ミスト)ミストルティン」とメリーの間に力の差があることが示されましたが、結局ほぼ対策はなしでぶつかった感じなんでしょうか。一先ず舞台を「樹海(ミスト)ミストルティン」の白昼夢ではなく、「双月花(ガーデン)エンギ・スリーピース」の白昼夢とすることぐらいでしょうか。

これだけ「樹海(ミスト)ミストルティン」が強いと、ひょっとしてディスクが売れて2期があったとしても、原作と差異が出てきそうな感じもします。つまり、「樹海(ミスト)ミストルティン」をメリーが倒しても、「双月花(ガーデン)エンギ・スリーピース」との差が大きくなりすぎることになりますから。

とはいえ、やはりオープニングにも表現されているのですから、メリーちゃんのあの力で最後は勝つんでしょうね。それはそれで、2期への伏線かな。原作とはずれますが。

さて、最後はどう締めてくれるのでしょうか。

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。