Y 夢喰いメリー #09「夢乱れて」です。

今週は、どうもブログのサーバー側かネットワークの状況が悪いようで、記事が大変遅くなりました。困ったもんだ。

『夢喰いメリー』も第9話です。原作も3巻に入り、いよいよ「灯台(ファロス)エルクレス」とメリーさんを巡る動きも「迷路(メイズ)ランズボロー」の登場で本格化してきました。裏で動く 「樹海(ミスト)ミストルティン」の思惑が原作既読者にも分からないので、興味が尽きません。

先週から、「樹海(ミスト)ミストルティン」の動きがいよいよ本格化してきているようですが、先生?千鶴?。

ということで、夢喰いメリー 第9話「夢乱れて」感想行きます。

原作は、コミックスで既読です。連載は追っていません。その前提でお願いします。

あらすじ:公式から引用)

                     

いきなりランズボローとのバトルが始まった!!

狡猾なランズボローは巧みな心理戦で戦況を有利に持ち 込んでいき、手出しが出来なくなったメリーたちは現界に唐突に戻ってきてしまう。姉のかたきを討てなかったエンギは夢路と口論になるが、自分の気持ちのや り場のなさから思わず涙をこぼしてしまい…。

                     

そしてメリーを自分のデイドリームに導き、なぜか「私を殴れ」という。

                   

感想:

今週は、原作の3巻の冒頭です。ただ、「樹海(ミスト)ミストルティン」絡みの部分は、アニメオリジナルなので、原作には登場しません。

ということで、構成の造りは上手いですね。「樹海(ミスト)ミストルティン」の正体を伏せることで、原作既読者にも謎を与えて興味をつなぐ展開になっています。

しかし、全体として結構面白いと思うのですが、展開が緩いためか余り評判にはなりませんね。それは、本筋のメリー側の謎の提示と継続だ上手くいっていないからでしょう。

「樹海(ミスト)ミストルティン」側の謎は、結構色々伏線的な描写などがあって、謎が謎らしく提示されていて面白いと思うのですが、本筋のメリー側が「灯台(ファロス)エルクレス」が見えないためか、今一つ闘いとして盛り上がっていないからでしょう。

今のところ、メリーの能力が本当に夢魔を送り返すものなのかというぐらいでしょうか。謎らしい謎は。そこは原作通りではあるのですが、原作でも不満なところなので、修正が欲しかったところです。

その「樹海(ミスト)ミストルティン」側ですが、「樹海(ミスト)ミストルティン」は先生の夢魔という判断でよろしいのでしょうね。そうすると、千鶴のあの銃はなんなんでしょうか。夢魔が居ないのに、デイドリームに入っているところも気になりますね。こっちは、興味津々なんだよなぁ。

とはいいながらも、次週は勇魚を中心に両方の物語が交わるので、ここから本格的に盛り上がるのではないかと思います。

あと、そろそろメリーさんの正体が分かってくるころでもありますが、どうなんでしょうか。

 

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとまし なようです)。ご容赦願います。