M 魔法少女まどか☆マギカ 第6話「こんなの絶対おかしいよです。

さて、『魔法少女まどか★マギカ』のオープニング(OP)ソングClariSの「コネクト」のオリコンウィークリーチャートの結果が出ました。あ、16日は、Kalafinaの「Magia」の発売日です。

ディリーチャートは、最高が4位だったのですが、結局週間では5位でした。月曜日の蓄積分を逆転できずに6位かなとも思いましたが、粘ったのと、強い補正も掛かってウィークリーチャートでは、5位でした。

売り上げは2万5千枚ということで、「irony」の初動7位、1万4千枚よりも大幅アップなのは、今の『魔法少女まどか☆マギカ』の勢いでしょうか。

さて、お話しは少し落ち着いてきている感じもしますが、某脚本家の方が6話以降はジェットコースターだと言っているのでどうなるんでしょう。

ということで、魔法少女まどか☆マギカ 第6話「こんなの絶対おかしいよ」感想行きます。本編の内容を隠していないので、特に今週はご注意を。

12日のコミカライズ版は、まだ未読です。

あらすじ:

美樹さやかは、佐倉 杏子との闘いで窮地に陥ったところを暁美ほむらに救われる。ほむらに礼を言う鹿目まどかだったが、彼女は、まどかに愚か者だと告げ、愚か者には手段を選ばないと語る。

そんなほむらを見てキュゥべえはまさかとつぶやくのだった。

さやかは、手持ちのグリーフシードでソウルジェムを浄化する。そのグリーフシードはもはや真っ黒だった。キュゥべえは、このグリーフシードはこれ以上穢れを吸収すると魔女が孵化すると、そのグリーフシードを吸収する。

ソウルジェムは魔力の源であり、魔力を出し惜しみせずに闘うためには、グリーフシードが必要なのだ。杏子の強みはそこにあり、グリーフシードを集めない限り杏子に対して勝ち目はないとキュゥべえは語る。

そして、キュゥべえは、元々の魔力の才能の違いを語り、その才能を持っているのがまどかだと言う。杏子に勝ちたければ、まどかを味方にしろと。

一方、杏子の元には、ほむらが訪れていた。ほむらは、この街を杏子に預けるという。そして邪魔をするさやかは、ほむらが抑えるので邪魔をしないでほしいと。そしてほむらは、自分の狙いは2週間後にこの街に来る「ワルプルギスの夜」だと語る。それを倒せば、ほむらはこの街を出ると告げる。

さやかは、使い魔の痕跡を追っていた。そこに現れたまどかは、さやかに杏子と話し合うように語る。しかし、さやかは、大切な人を守るためにはそれを邪魔する魔法少女を倒すと語る。

一方、さやかは杏子に挑発され闘うことになる。キュゥべえは、それをまどかに告げ、さやかの元へと誘う。そして、闘いの場には、約束が違うとほむらも現れる。

魔法少女に変身しようとしたさやかだったが、まどかはそれを止めようとソウルジェムを奪い投げ捨てる。すると、なんとさやかは死んでしまう。ほむらは、能力を使いさやかのソウルジェムを追う。

キュゥべえは、魔法少女の秘密について語る。魔法少女としての契約とは、その少女の魂を抜き出しソウルジェムに変えることだった。それが魔力を効率良く運用することになると。残った人間の身体は、単なる入れ物で、それだから魔女との闘いで傷ついてもすぐに魔力で修復できるのだと。

驚くまどかや杏子の元に、さやかのソウルジェムを取り戻したほむらが戻る。ソウルジェムをさやかの手に戻すと、死んでいたはずのさやかが息を吹き返す。

感想:

なるほど、この第6話は、大きいポイントの回ですね。しかし、びっくりした、心臓に悪い。(汗)

今まで明らかにならなかった魔法少女としての契約の意味が明確になりました。やっぱり、キュゥべえは、かなり黒いですね。(苦笑)

◆ソウルジェム

ソウルジェムが魔法少女の魂というか、魔法少女そのものだとすると、色々気になる点があります。

一つ目が、マミさん。魔女に頭から喰われましたが、彼女はその時点では生きていたんですよね。どの時点で死んだのでしょうか。というか、本当に死んでいるのでしょうか?

二つ目、ソウルジェムが魔法少女そのものだとすると、グリーフシードは恐らく魔女そのものですよね。魔女の身体を破壊しても魔女は死なないのではないでしょうか。なので、魔女を倒すということは、魔力を断っているということでしょう。そのため、穢れをグリーフシードで浄化して、その穢れが溜まると魔力が回復して孵化する。逆も真だとするとマミさんも生き返る可能性がある?

三つ目、ソウルジェムを浄化するということは、魔法少女そのものを浄化するということですよね。ということは、穢れが溜まると魔法少女は・・・。これを考えると、お話しが始まったころに考えていた、魔法少女の成れの果てが魔女だって説もあながち間違っていないかも。

とすると、この先、マミさんが生き返って出てくる可能性もかなりありそうな気がしてきました。3話で魔女を倒した後にほむらが拾ったのが、グリーフシードと化したマミさんのソウルジェムだとすると、魔女としてのような気がしますが。

◆世界

街並みが、今の世界と違うと書いた気がしますが、エレベーターや今週のコンピューターもかなり違います。単にそういう美術設定だって可能性もありますが、違う世界を示すモチーフだっていう可能性もありますね。

◆キュゥべえ

本当に黒いですねぇ。というか、価値観が全然人間と違うようです。彼(?)は、与えられた使命を真っ当するために、黙々と活動しているだけでしょうが。

気になるのは、グリーフシードを処分するのもキュゥべえの能力だったこと。ならば、魔女を産み出しているのも・・・。というか、顔についているのは、口じゃなかったんですね。(苦笑)

しかし、魔法少女たちは、次週からどうキュゥべえと向き合うのでしょう?

◆ワルプルギスの夜

復活祭というか、日本で言うとお盆でしょうか。またサブカル心をくすぐるような単語が。(苦笑)まぁ、「マギナイト」と考えるのが良いのでしょうね。魔女たちの夜だと。

ただ、復活祭だと捉えると、マミさんが・・・っていうのも考えられるのではないでしょうか。いや、第1話のアバンが「ワルプルギスの夜」っていうのもあり得るかな?2週間後ということは、第8話?それとも次週?

海外には、この『魔法少女まどか☆マギカ』はファウストから採っているっていう説がありますが、「ヴァルプルギスの夜」ってことで、その説があながち間違っていないかもって感じですね。

◆杏子

今週、魔法少女の実態について知った杏子は、どう出るんでしょうか。恐らくは、他の魔法少女と組みそうな気もしますが。

◆ほむら

ほむらの能力は、やはり瞬間移動のようで。瞬間移動の根源が時間跳躍って可能性も残っていますが、普通に考えると、場所をワープするって感じでしょうか。

しかし、彼女は、魔法少女の魂がソウルジェムだということも知っていました。また、「ワルプルギス」の夜がやって来ることも知っていました。あまりに知りすぎているので、どうしても時間跳躍って考えたくなるんですよね。ループ世界。

あと、キュゥべえは、やはりほむらについては、詳しくは知らないようですね。それが何を意味するのか。キーのような気がします。

◆まどか

もう、彼女が魔法少女にならなくても、驚かなくなりました。(苦笑)

しかし、友達ちのさやかを闘いを止めようとしたとはいえ、一度は殺してしまったわけですから、またまた憔悴して暗い闇の底に落ちているんでしょう。(涙)

----

さて次週からは、虚淵玄さんの予言したジェットコースターですか。色々気になる点は残りますが、スリルを楽しむしかないんでしょうか。

関係ないですが、グリコが協賛ですか?

◇『魔法少女まどか☆マギカ』を「コネクト」の歌詞から考えると
◆『魔法少女まどか☆マギカ』の今後について考えてみようかと
◇トップ絵にまどかを描いてみました。

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-2213.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51570159.html
http://gunjyou8010.blog134.fc2.com/blog-entry-126.html
http://blog.livedoor.jp/kansaianime/archives/51739510.html
http://rfldse.blog92.fc2.com/blog-entry-1164.html
http://aricnia.blog122.fc2.com/blog-entry-646.html
http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-1951.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。