N 明けましておめでとうござりまする。今年もよろしくです。

さて第61回NHK紅白歌合戦が放送されました。まぁ、結構早くから今年の年初めの記事は、奈々様と決めていたのですが、かなり出遅れました。というか、出遅れは旅行のため想定内だったのですが。

んで、我等が水樹 奈々様の唄われる歌は、オリコン1位を獲得した『PHANTOM MINDS』でした。昨年の紅白の『深愛』は、1番だけという恐ろしい短縮版だったので、今年は流石にきちんと歌わせてくれるのかとおもいましたが・・・・。

ということで、ざくっと見た感想をば。

実は、予想では、歌えるのは多くても2分半ぐらいだろうから、1番と大サビのみの構成だろうなと諦めていました。

内容的には、予想とあまり違わなかったのですが、ちょっと欲張った曲構成にしたため、駆け足になっていて、奈々様自身が曲に乗り切れていなかった感じがします。持ち時間は、2分強という感じなので、去年よりは伸びているような気がしますが。この曲自体が、短い時間の駆け足に向かない曲だということもありますが。

ただ、前回よりも出場歌手が減って、一人ひとりの持ち時間が長くなる傾向の中、長い方と短い方で開きがあったような感じだったので、どうも去年同様に時間を削られた印象がありますね。
こういう扱いなら、もうアニメ枠から紅白出なくてもって思っちゃいますが。(汗)

まぁ、プリキュアも歌ったので、あわせ技1本なんでしょうか。(苦笑)

NHK紅白歌合戦(2009)の感想はこちら