Z おとめ妖怪ざくろ 第六話「ゆきて、事々と」で す。

相変わらず『おとめ妖怪ざくろ』は、しっかりと作られていて面白いです。『伝説の勇者の伝説』や『薄桜鬼 碧血録』のストーリーもいいんですが、どうでしょうね、今のところこちらに軍配を上げるかも。

さて、先週は、雪洞、鬼灯が中心の話でしたが、今週はその後始末というか、丸竜救済になるはずです。で、もう涙なしには、見れないはずなのですがどうでしょう。

では、おとめ妖怪ざくろ 第6話「ゆきて、事々と」感想行きます。

原作は既読です。

あらすじ:(公式から引用)

陸軍省の夜会の一件から元気がない丸竜。

丸竜は、自分を守るために傷ついても恐れず敵に立ち向かっていった雪洞と鬼灯に対し、何の助けにもなれなかったことに憤りを感じていたのだった。

そんな丸竜に、雪洞と鬼灯は自分たちの生い立ちを話し始める――。

一方、夜会での戦い以来、普段通りに楽しく振舞っていても、どこか西王母桃の様子がおかしい。

そのことに景だけは気が付いていた。

感想:

第4話、5話がなかなか素晴らしいできだったのですが、この第6話もよかったです。特に前半Aパートの雪洞、鬼灯の過去話。もう、涙なしには見れないって感じでした。

さて、今週は、花楯中尉から始まりました。先週、原作にあった彼のフォロー分をすっ飛ばして、妖人省全員で無視した分の救済ですね。原作にはないお話しです。あ、ビスケットは原作通りです。彼は、ここで死ななかったことでますます臭い人物っぽくなってきました。う~ん。

そして、雪洞、鬼灯の過去話。原作2巻のお話しですが、内容的にはほとんど原作のままでした。

ただ、アニメでの見せ方が、凝っていました。まるで日本昔話とでもいいますか、独特の動きと色合いを持った描写ですごく良かったです。綺麗でした。

半妖は、第3話で西王母桃が語ったように、妊婦が神隠しに逢うとそのお腹の子がなるというものです。そのため、雪洞、鬼灯の母親も人間だというわけです。西王母桃の母親は、2度神隠しにあってますね。

そして、その母親を女房と呼ぶ父親、そして自分たちが原因で母親が殺されたという事実。辛いです。どんなときにもニコニコ笑っている雪洞、鬼灯の笑顔の裏にはそういう事実があったのですね。だからこそ、好きになった人を守りたいという気持ちも強いと。

丸竜は、その事実を知って何かを感じたようです。これから彼がどう変わるのか(変わらないのか)楽しみです。

後半は、一気に飛んで、原作の4巻のお話しでした。原作を知らない方には続きの話しのように思えたかもしれませんが、原作では、ずいぶん飛んだ先の話しです。でも、両方とも半妖たちの幼少のころの話しでしたから、続けても全く違和感がありませんでした。

そして、全体としては、先週の乱杭様の台詞を上手く掬って、全体にまぶしていました。そしてラストに向けて、原作にはない要素、伏線をチラチラと盛り込んでいます。どれかを言うと、ネタバレにもなるので書きませんが、なかなか上手い構成です。

でも、オチは、原作の豆蔵オチがよかったなぁ。(苦笑)

しかし、エンディングですが、う~ん、当然流からいって西王母桃版だと思ったんですが、違いました。ちょっと、流的に違いますよね。まだ、雪洞、鬼灯なら分かるんですが。第6話ということで、全カップル2回ずつにしたかったんでしょうがもったいない。(苦笑)

次回は、あぁ2巻に戻るんですね。予告編の語りは90%関係ないですね。(苦笑)

http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-11-09-1
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-895.html
http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fateliang/2010/11/post-066c.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201011090000/
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1330.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。