D 伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」 です。

さて、日曜日にアップするのが定番となってきている「伝説の勇者の伝説」です。関東が、木曜深夜、関西でも土曜深夜放送ですから完全に出遅れですね。

感想として「それでも町は廻っている」と「とある魔術の禁書目録」を優先しているからですが、「伝説の勇者の伝説」も、アニメとしては良くできていると思います。主題歌もかっこいいし、絵も崩れないし。

さて、先週も書きましたが、この先どんどん内容が重くなるので、強い気持ちで見て行きたいと思います。予告編とサブタイトルからすると、特に今週と次週でしょうか。

ということで、伝説の勇者の伝説 第17話「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」感想いきます。

原作は、小説を9巻まで読んでいます。続きを補填中です。(汗)

あらすじ:(公式から引用)

「あぁ…本当に…本当に、あの時手をつけなくて良かった。凄い。力が溢れる。これじゃあ…これじゃあ僕は…ここにいる全員、残さず一度に殺しかねない」

「閣下!大丈夫ですか?…閣下!」

「シオンと…ノアによろしく伝えてくれ…」

「閣下!!」

「力を喰らい……それを放つ」

感想:

「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」登場ってことで、かなりいきなりの展開にも見えましたが、原作でもこんなものです。急です。(汗)

さて、その「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」ですが、世界に魔眼は、5種あることが判明しました。その魔眼解明について、ローランドで一番真相に近そうに見えるのが、キファ・ノールズですが、彼女以外の王宮関係者などが、真相を知らないと考える理由もないので、詳細はまだ不明です。

5種の魔眼とは、こう言う感じですか。

・未来眼(トーチ・カース)
・複写眼(アルファ・スティグマ)
・夢置眼(エブラ・クリプト)
・怨嗟眼(ウィルノ・ヘイム)
・殲滅眼(イーノ・ドゥーエ)

ただ、ライナの「複写眼(アルファ・スティグマ)」は、どうやら普通ではないようなので、この先きっと争奪戦の中心におかれるようになるんでしょうね。

また、キファが、ローランドの誰よりも早く、というより、他が動き出すより、ライナのための行動を開始しました。ただその行動も、今のところ自分を売らないと実現できそうにありません。

そして、ルーク、やっとその能力の一端を見せてくれました。ただ、彼の暴れるシーンは、原作ではもっともったいぶった内容なのですが。う~ん。ただ、強いのは確かで、その強さの秘密とは、って感じですね。

ただ、クラウがどうなるかだけは心配ですね。ティーア・ルミブルとの因縁が描かれましたが、グロい表現でしたが、ただ最悪というほどでもなく、妥当な表現だったかもって感じがしました。

http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1503.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1503.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。