O おとめ妖怪ざくろ 第四話「きょり、怖々と」です。

相変わらず、うちのブログでは『とある魔術禁書目録II』の次にアクセスが多い『おとめ妖怪ざくろ』です。放映局も少ないし、放映曜日もばらついているんですけれどね。

さて、今週は、四話目にしてやっと西王母桃から別のカップルに主役が移るようです。第1話が世界観の紹介として、第2話にオリジナルストーリーを挟んだためですね。あの話しは今一つだったし、そのまま第3話に流れてもよかったんではないかなぁ。そこから、西王母桃→薄蛍→雪洞、鬼灯へと。

ということで、今週は薄蛍(すすきほたる)の回です。

では、おとめ妖怪ざくろ 第4話「きょり、怖々と」感想行きます。

原作は既読です。

あらすじ:(公式から引用)

「人から譲り受けた“曰くつきの品”を調べてほしい」という依頼が入った。

薄蛍(すすきほたる)、利劔、雪洞(ぼんぼり)、鬼灯(ほおずき)、丸竜の5人は、問題の品があるという骨董店“折屋”に向かうことに。

折屋を営む女主人 折形綾 (おりかた あや)は妖人の鬼っ子“麦”と共に折屋を営んでいた。妖人と人間が仲良く共同生活をしていることに驚く一同。

一方、出された“曰くつきの品”とは禍々しい空気を纏った刀だった。

感想:

あぁ、すげぇ。

丸竜たちが同行する以外は、原作のエピソードをほとんど変えずに構成を変えて、薄蛍(すすきほたる)の想いを演出するのにより効果的な物語になっていました。

原作では、利剱様が薄蛍(すすきほたる)の手を採るのは行きなんですよ。それを行きは距離感を持たせて、帰りに手を採るように変えたり、あと、薄蛍(すすきほたる)が自分の能力を吐露するところのタイミングを変えて、台詞をざっくりと削って絵と間で見せたり。これぞアニメ化って感じでした。

原作を読んでいても、感動しました。すばらしい出来だったと思います。

私の心も利劔様に伝わってしまえばいいのに…

この名台詞もより心に響きました。昔ながらの良質な少女漫画的ですね。

さて、原作と大きく違っていたのが、この事件を起こした犯人が見えていることです。橙橙と百緑が、西王母桃を待ち伏せしていたことや、乱杭様が登場しているのがそれですね。1クールで終了なので、早々と伏線を張ってきたということでしょう。と、先週も書いた気がする。

ところで、もう一つ語らないといけないのが、エンディング。薄蛍(すすきほたる)×利剱様バージョンです。これは、やられました。失礼ながら、たぶん花澤さんってそんなに唄が上手くないんでしょう。それをカバーするための作だったのかもしれませんが、デュエットが見事に嵌まっています。しかも、真剣っぽい唄がいいですね。日野さんがこんなに唄えるとは、知りませんでした。

さて、次週ですが、いよいよ、雪洞、鬼灯×丸竜カップル?ですね。
ん、んんんん?次回予告で盛大にネタバレしている!!困ったもんです。

ということで、次週も、いざ、妖々と参りましょうか。

http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-855.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-10-26-1
http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fateliang/2010/10/post-33ac.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201010260000/
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-1305.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51526221.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。