T とある魔術の禁書目録<インデックス>II #02「法の書」です。

さてさて、この秋の大本命『とある魔術の禁書目録<インデックス>II』も先週のつかみを終えて、今週から本格的に始まりですね。

サブタイトルの「法の書」は、実在するアレイスター・クロウリー(禁書目録では学園都市統括理事長)が実際に記した実在する魔道書ですね。この辺りのカルト趣味が、サブカルチャーとしての醍醐味ですね。

ということで、キャプは今回もインなんとかさんではなくてローラ=スチュアート最大主教(アークビショップ)にしてみました。結構好きなんですよ、それとラスボスに近そうな雰囲気があるところも。

ということで、とある魔術の禁書目録<インデックス>II 第2話「法の書」感想行きます。

原作小説全巻、マンガ化本全巻既読、ビリビリ+黒子派です。なので、フィルターかかっている前提でお願いします。最新22巻の感想はこの辺りに書きました。

あらすじ:

イギリス清教の最大主教(アークビショップ)というよりも「必要悪の教会」のトップであるローラ=スチュアートは、ステイル=マグヌスにとある事件を解決するように指令を下した。

その事件とは、ローマ正教が保有する伝説の魔術師エドワード・アレグザンダー・クロウリーが記し、それを解読したものは絶大な力を得るとされている魔道書「法の書」が日本で奪われたことだった。「法の書」は、読むだけなら誰にもできるが、世界の誰にも解読できない暗号によって記述されていたために、いままで誰にも解読されず、インデックスの魔道図書館さえも原文のまま記憶しているものだった。

しかし、その解読法を発見したらしい人物が現れる。ローマ正教の魔術関連の情報解析のエキスパート、シスター・オルソラ=アクィナスがその人だった。彼女も、「法の書」同様に日本で誘拐されたようだった。

イギリス清教にとって問題だったのは、彼女を誘拐したのが、イギリス清教に所属する聖人・神裂 火織がかつて所属していた天草式十字凄教だったことだった。さらに、神裂は現在行方不明になっていた。

神裂が天草式十字凄教とともに事件に関わることを避けたいイギリス清教は、ローマ正教に協力する形でステイルを日本に派遣したのだった。

そして日本。ローラの命により、ステイルは、魔道書の専門家であるインデックスとその管理人である上条 当麻をオルソラ救出に参加させる。

学園都市外のとある郊外、当麻は調査に赴く途中で、一人のシスターと出会う。その少女こそがオルソラ=アクィナスその人だった。

また、インデックスは、一足先にステイルとともに、ローマ正教の捜索部隊に合流していた。そこには、アニェーゼ=サンクティスをリーダーとする部隊が出来上がっていた。

<当麻はオルソラをつれて部隊に合流するが、天草式十字凄教に一瞬の隙を突かれ、オルソラを連れ去られてしまう。天草式十字凄教は、伊能忠敬が残した地図『大日本沿海與地全図』に書き込まれた「渦」から「渦」へと移動する魔術を遣い、逃げ出そうとするはずだった。その魔術の発動時間、場所は限られており、ローマ正教はその発動時を狙い彼らを抑えようとする。

一方、天草式十字凄教側も、逃げ切ろうと着々と準備を進めていた。そのとき天草式十字凄教教皇代理の建宮 斎字の口から「神裂」の言葉がこぼれる。

感想:

第2話です。どうしても、『とある科学の超電磁砲』と比べてしまうんですが、やはりアニメだと『超電磁砲』の方が面白く感じてしまいます。物語をはしょり過ぎだからでしょうか。それとも、やはり一度マンガになったものからアニメにするということで、小説を直接よりも『超電磁砲』の方がハードルが低いんでしょうか。

ということで、『法の書』編が本格的に始まりました。しかし、分かりにくそうですね。ローラがアバンで前提事項を語ってくれてはいるんですが、それでも後半にインなんとかさんが、説明をしてくれやる前では、原作未読の人はどれくらいついてこれたんでしょうか?

原作通りとはいえ、サービスシーンをしっかり入れる暇があったのなら、メインストーリーをしっかり見せるようにして欲しかったなぁ。結構原作からエピソードがざっくり削られている気がします。特に『法の書』の特殊性とオルソラをなぜイギリス清教が追うのかは重要ですので、しっかりと伝えて欲しかったなぁ。ローラがあほな最大主教に見える。(苦笑)

さて、今回から登場した新しいキャラが幾人か。

まず、アニェーゼ。CVは釘宮さんですか。インデリシャスさんよりも小柄なんで、シスターの中に埋もれないようにミニスカはいてやがりますが、それでもいまひとつインパクトがなかった気が。結構、派手にサービスしてましたけれど、たいしたエピソードもなくサービスシーンだけやられてもねぇ。

あとは、オルソラ。オーソドックスなシスターさんの格好ですが、こちらはバスのときに一発目立つボケをかましてくれているので、まだ救われているのかも。

そして、天草式十字凄教。原作ファンは、前面でフランベルジェを構えて目立っていた建宮よりも、後ろの五和が気になるのは当然ですね。(苦笑)

あれ、ローラさんも、1期はお姿だけでしたっけ?いや、たしか何かあったはず。

さて、次週は、ちょっとストーリーを立て直してくれますかどうか。

小説版 「とある魔術の禁書目録」の感想はこちら。
マンガ版「とある科学の超電磁砲」の感想はこちら。
アニメ版の感想 はこちら(「禁書目録」、「超電磁砲」ともに)。

http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-995.html
http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1259.html
http://blog.livedoor.jp/granzchesta/archives/51505263.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1474.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-228.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201010160000/
http://haruhiism.blogism.jp/archives/51522456.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51534918.html

※注意:TBはフィルタに 掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦 願います。