B1 先日カラオケに行ったのを切っ掛けに、ちょっと『化物語』のオープニングについて見直していました。というか、「sugar sweet nightmare」をちゃんと唄おうという目的です。

そこで、以前焦げ爆弾さんに、『化物語』で誰が一番好きですかと聞かれたのを思い出しました。違ったかな?千石 撫子が一番好きなんですかだったかな?

そういうことで、ちょっとそれぞれのヒロイン(?)のオープニングについて、ちょっとコメントしておこうかなって思いました。

ええ、そうです。今日は『伝説の勇者の伝説』の感想を書く時間がないため穴埋めです。ご想像通りです。(苦笑)

ということで、ちょこちょこっと書いておきます。

『化物語』のオープニングは、ご存じの通り、ヒロインごとに変わっています。曲は全て作詞がmeg rockさん(「カードキャプターさくら」の主題歌を唄ったグミさんですね)、作曲・編曲が神前 暁大先生です。

◆「staple stable」
歌 - 戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)

テレビ放映では、オープニングが間に合わないときの穴埋め的に使われていましたので、全体を通してのメインオープニングソングでしょう。もちろん、彼女がメインヒロインですし。

曲は、普通の曲というか、結構好きです。ただ、ちょっと戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)の歌唱力が足りないのが惜しいですね。もう少し声域があるといいんでしょうけれど。

オープニング映像は、いつものシャフトって感じで、面白いですが可もなく不可もなくかな。

基本的には、自分はツンデレ派だとは思いますが、戦場ヶ原はそれほど好きなキャラではないです。

◆「帰り道」
歌 - 八九寺真宵(加藤英美里)

B2_2 メインヒロインが戦場ヶ原ひたぎですが、彼女は人間側ですね。化物語寄りのヒロインとしては、もちろん忍野 忍ちゃんもいますが、メインで登場するのが八九寺真宵ちゃんです。賑やかしというか、コメンテイターですね。

曲的には、オープニング映像もそうなんですが、たぶん魔女ッ娘ものを意識したんでしょうけれど、あまり好きではありません。

キャラとしては、暦との掛け合いは好きです、ってぐらいですか。

◆「ambivalent world
歌 - 神原駿河(沢城みゆき)

この5人のヒロインの中では、声優さんはみゆきちさんということで一番好きなんですが、キャラてきにはやおいのスポーツキャラということで、あまりどうでもいいキャラではあります。

曲は、かなり普通のまともな曲なんですが、まとまりすぎているためか、あまり印象に残りません。せっかく歌も上手いみゆきちさんなんですから、もう少し冒険した曲でも良かったんではないかと思います。

ただ、キャラ的にも萌え所が難しいので、曲も作りにくかったんではないでしょうか。

◆「恋愛サーキュレーション
歌 - 千石撫子(花澤香菜)

さて問題の方です。もちろん、位置付け的には妹キャラってところなんでしょうが、シリーズ全B3体の萌え要素を一身に背負ったようなキャラになってしまっています。本当の妹は別に二人いますしね。それは『偽物語』でですか。

曲は、もう始まりの「せ~のっ」で勝ったも同然のラップソングです。意外にアレンジが大人しいので、もっとハウスっぽくしてカッコよくもできたと思うのですが、きっとあまりカッコよくしすぎると、萌え度が落ちるのでわざとしなかったんでしょうね。

映像的には、全体にパステル調で可愛く作ってあって、好感が持てます。文句はありません。

キャラ的には、髪形といい好きなタイプだと思いますが、別の方がお気に入りなので。

◆「sugar sweet nightmare
歌 - 羽川翼(堀江由衣)

戦場ヶ原ひたぎがメインヒロインなら、裏ヒロインが彼女ってことでしょうね。というか、怪異への関わり度合いからすると、彼女が一番深いわけですし。

で、問題のオープニングです。曲はもうすごく好きです。イメージ的には、「カードキャプターさくら」の『プラチナ』をなぞったような感じの曲です。マイナーっぽくて、転調が多くてどこか切ない感じ。こういう曲を唄うと堀江由衣さんは、本当に上手いですね。歌が上手いというのとは、また違った感じでしょうか。表現が上手いというか嵌まるというか。

特に、最後のリピート部分の転調が最高に好きです。泣けてきます。ただ、あの終わり方はちょっとやりすぎで減点かな。あそこが良ければ本当に最高だったのに。

でも、オープニング映像は最低です。 大嫌い。特にディスク特典のアニメ版の本物映像がいやです。なんであそこまでやる必要があるのか気分が悪くなります。最悪。もちろん、彼女の心象としてはああなのかもしれませんが、公式でやる必要はないでしょう。だから配信で使わなかったのかな?

で、自分的には、もちろん委員長ちゃんが一番好きなのでした。それも、猫でないときがいいです。ということで、『傷物語』が楽しみですね。