O おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第12話「9回」です。

「おおきく振りかぶって ~夏の大会編~」もいよいよ第12話です。ついに試合は最終回です。

8回の攻撃で3点差にまで迫った西浦高校ですが、どうやらモモカンのサインが読まれて、怪しい雰囲気になってきています。

まぁ、原作通りならば、なんとなく今週で試合終了という感じですが、本当に最後まで原作通りかは分かりませんから(適当)、楽しみにみたいと思います。原作を読んでいるときには、この9回は涙なしには読めませんでしたし。

で、おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第12話「9回」感想行きます。

原作は全巻読んでいます。最新刊も購入して読んでいます。原作に追いついちゃいましたね。15巻は6月23日電撃発売です。

あらすじ:

9回、美丞大狭山高校の最後の攻撃。点差は2点。

田島君はモモカンのサインが盗まれたことに気付かないまま、ベンチからの指示通りに三橋くんにサインを出す。

そして、三橋くんの投球は狙い通りにも関わらず、痛打される。あっという間に、8回に入れた得点も取り返され、さらにピンチが続く西浦高校。

サインが盗まれていることに気付いたモモカンと田島君は、バッテリーで投球を組み立てることにする。

しかし、美丞大狭山高校に傾いた流れは止められない。遂には四番のホームランで4点目を奪われてしまう。

動揺の余り、完全なはずのコントロールを乱す三橋くん。それを見て、栄口君までもが、エラーをする。

そのとき、三橋くんの頭に栄口君の言葉が蘇る。三橋くんが崩れたとき、西浦高校は終わりだと。

「ワンナウトォォ!!!」

エースがチームの大黒柱であることに気付いた三橋くんは、バックにありったけの声を振り絞って叫ぶ。

それにつられるように、浮足立っていた西浦高校ナインは、平常心を取り戻す。

そして、田島君のサインに勢いで首を振った三橋くんは、サインの交換がバッテリーの会話だということに気付く。今まで、考えることをすべて阿部君に任せて、責任を押しつけていた自分は、バッテリーではなかったと。

そして、三橋くんと田島君のバッテリーは、ありったけの力で美丞大狭山高校の攻撃を封じ込める。

そして西浦高校最後の攻撃。田島君の長打で、1点を返す西浦高校だが、この試合が公式戦初出場の西広君に打席が回ってしまう。

最初の打席では打撃にさえならなかった西広君だったが、三橋くんたちの声掛けに応え必死にバットを振る。しかし、力の差は歴然。ゲームセットを迎える。

敗戦にうちひしがれる西浦高校だったが、この日が新たな目標へのスタートだ。

感想:

さすがに最後だけに、花井君が打つとか、西広君がバットに当てるとかちょっと変えるかなとも思いましたが、原作のままでした。

もう、感動です。原作でもうるうるだったのですが、アニメで見ると原作を読んでいるにも関わらず、また新たな感動が沸いてきて、涙ぼろぼろ。

皆さん同じだと思いますが、まず三橋くんがバックに声をかけるところで、一度目の波が。
で、ベンチに戻った三橋くんが阿部君の前に立って、今までバッテリーではなかったと自分のことを反省するシーンでジーン。
そして、最後の西広君へのベンチの応援と、必死の西広君とBGMにまたジーン。
最後に応援団の前で泣き崩れる西広君に滝の涙。

いやあ、よかった~。やっぱり、「おおきく振りかぶって」はいいですねぇ。続ける自信はまったくないけれど、自分も個人スポーツではなくて団体の部活やっておけば良かった。チーム競技ってこうして見るといいですね。

先週の「鋼の錬金術師」もすごく良かったけれど、この春では1~2を争ういい回だったと思います。

作画、動画も思いっきり気合が入っていました。ゴロを処理したり、巣山君がホームへ走ったりするシーンもすごくよかったし、三橋くんの成長した顔つきも良かった~。

しかし、試合的には完敗ですよね。9回の表に4点取られ、11対6ですから。それでも、この感動が得られるのは、すごいと思います。

で、次週は最終回。原作コミックス発売と同時に終わりですね。楽しみにしておきます。

「お おきく振りかぶって」(11)の感想はここ。
「おおきく 振りかぶって」(12)の感想はここ。
「おおきく 振りかぶって」(13)の感想はここ。
「おおきく 振りかぶって」(14)の感想はここ。

http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1409.html
http://plaza.rakuten.co.jp/oboro1964/diary/201006180000/
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2010-06-18
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-611.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1230.html
http://kiokuno2.blog31.fc2.com/blog-entry-1045.html

※注意:TBはフィルタに掛 かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願 います。