O おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第2話「崎玉」です。

ようやく一息ついて、今日ぐらいから徐々に平常興行に戻れそうな雰囲気です。ただ、まだ春の感想ペースが固まってはいないんですけれどね。

ということで、「おおきく振りかぶって」です。噂では1クールということなので、きっと美丞大狭山高校戦までをやるんでしょうね。切りはいいですが、終わり方としてはどうなんでしょう。と、今から終わりを気にしていても仕方がないので、とっとと感想に行くことにします。

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 第2話「崎玉」 感想行きます。

原作は全巻読んでいます。最新刊は、今月発売です。
ちょっと忙しいのであらすじは公式から引用して、修正します。

あらすじ:

次試合の対戦相手を視察にきている西浦高校野球部。

その試合観戦に花井 梓と阿部 隆也の母親も姿を見せる。 保護者たちで担当を決め、手分けして同じブロックの試合の解析用ビデオを撮りにきているらしい。

しかし、自分以外その事実を知らない西浦メンバーに、花井君は思わず声を荒げる。

そして、試合の観戦中に、つい大声で三橋 廉に対してしまった阿部君だったが、沖 一利に気が弱いやつは、例え笑い声でも大きな声だとビビってしまうと注意される。
大きな声を出さずに三橋くんに接する阿部君は、少し上手く対応が出来た気がした。

試合は、延長戦の末に崎玉がサヨナラホームランで勝利する。どうやら、崎玉は、5番の1年生バッターがキーマンのようだった。

試合の観戦結果を元に、対策や練習方法を検討する西浦高校ナイン。そしてそのミーティングの中で阿部君が提案したのは、三橋くんを休ませるためにも、コールド勝ちをするということだった。

感想:

今週は、崎玉戦までのインターバルでした。相も変わらず三橋くんと阿部君のやり取りがいい味を出しています。というか、三橋くんの一人漫才ですけれどね。

ところで、「おお振り」のポイントの一つに、リアルな高校野球描写っていうのがあると思います。今週は、家族というか母親連がビデオ偵察をするところでしょうか。強豪校なんかだと、たくさんのマネージャーがいて、その人達がやったりするんでしょうか。

さて、次の崎玉戦で阿部君はコールド勝ちをするつもりのようですが、ポイントのバッター大地を敬遠するようです。

高校野球は、敬遠策に厳しいですからねぇ。厳しい批判にさらされるのではないでしょうか。そうなると、応援団が居ないのが厳しくなるかもしれません。

しかし田島君、いつもながらといいながら、テレビでその発言はいけません。(苦笑)

「おおきく振りかぶって」(11)の感想はここ。
「おおきく振りかぶって」(12)の感想はここ。
「おおきく振りかぶって」(13)の感想はここ。

http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51452063.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1357.html
http://shino134.blog22.fc2.com/blog-entry-506.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-1103.html
http://wendykai.blog60.fc2.com/blog-entry-863.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。