O_6 おおきく振りかぶって 第15話「先取点です。

ということで、2期を見据えての穴埋め記事今日も行きます。

「先取点」ということで、いよいよ西浦高校の攻勢です。やはり緒戦は色々とリスクを背負っているものですから、シード校と対戦するのに緒戦というのはよいアイディアかもしれません。敵の高瀬くんもそういう感じで描かれていますし。

とはいえ、全開田島君を三振に取ったシンカーは、超高校級なのか、それを超えたところにあるようでしたが。

ということで、おおきく振りかぶって 第15話「先取点」 感想行きます。

まとめなので、あらすじは、公式からの引用にしておきます。

あらすじ:

曇天の下、1回の裏・桐青高校の攻撃。

1番バッター・真柴は、桐青のレギュラーの中でただ一人の一年生。トップにすえるほどの実力だとしても、所詮は一年生。阿部は、真柴こそがスタメンの穴だと考えていた。

一方の真柴が三橋へ抱いた第一印象は「ヒョロイ投手」。全員一年生の西浦ナインの中でも投手が一番頼りなさげだと目星をつける。

この相手なら探り役をするまでもないとなめてかかる真柴だが、予想に反して三橋の投球と阿部の配球に翻弄されるのだった。

感想:

「おお振り」の面白さの一つに、出てくる選手たちが色々考えてくれることにあります。

自分は野球をやっていたわけではないので、細かいところはわかりませんが、こう頭を使ってするスポーツだとすると、野球を見る目が変わりますね。

確かに、野球は他のスポーツと違って間が多いんですよね。一つ一つ次の動作に移る前に間が入ります。そこで色々と考えるわけですね。マンガやアニメには向いているかもしれません。

今回ですと、高瀬君のことを気遣う河合キャプテンのモノローグが一球ごとに入って、だんだんと状況が悪くなっていく様子が良く分かりました。特に高瀬君を気遣う余り、牽制球を2球田島君に見せてしまい、その牽制時の癖を盗まれてしまったのは面白かったです。

キャプテンは舐めていないつもりでも、どこか心に驕りがあったんでしょうか。

「おおきく振りかぶって」(11)の感想はここ。
「おおきく振りかぶって」(12)の感想はここ。
「おおきく振りかぶって」(13)の感想はここ。