Y よくわかる現代魔法 第12話「TMTOWTDI」です。

「よくわかる現代魔法」も最終回です。ちょっと飛行機で移動していたので遅くなってしまいました。

さて、世間的には、「よくわからない現代魔法」とか呼ばれているようですが、最終回は無事着地できますでしょうか。

原作の残っている尺的には、きれいに収まりそうな感じはしますが、理解可能な形で終わってほしいところですね。

ということで、よくわかる現代魔法 第12話「TMTOWTDI」感想行きます。

原作は、完読済み、マンガはコミックス+α程度読んでいます。世界観などは、小説版の方に書きました。大きなネタバレはしていませんので、興味がある方はそちらを。
小説「よくわかる現代魔法 6 Firefox!」
コミックス「よくわかる現代魔法 1」

あらすじ:
その日、森下 こよみちゃんは、弓子ちゃんとの約束を守ろうと奮闘していました。

一ノ瀬・弓子・クリスティーナちゃんの体を「筐体」として蘇った魔女ジキタリス。彼女は自分を苦しめ抜いた世界を火の海にしようと、まず秋葉原を焔に包みます。

そんなジキタリスを止めるべく、姉原 美鎖は自分のゴーストスクリプトごと、ジキタリスを異世界に飛ばし封印しようと考えます。もちろん、「筐体」としての弓子ちゃんも一緒です。

しかし、それを許せないこよみちゃんは、自分の手で弓子ちゃんを救おうと、約束のドーナツ屋さんに向かいます。

一方魔女ジキタリスは、自分を復活させたジャンジャック・ギバルテスを消滅させ、そのまま世界を焔に包もうとします。

しかし、魔女ジキタリスの記憶には弓子ちゃんの記憶も含まれていました。彼女は弓子ちゃんの記憶に従いドーナツ屋さんに現れます。そして、弓子ちゃんが友人として認めたこよみちゃんだけは助けようと、彼女にこの場を去るように言います。

しかし、こよみちゃんの目的は、友人の弓子ちゃんを救うこと。世界を焔に包もうとするジキタリスの弓子ちゃんではありません。

そこに現れたのが、坂崎 嘉穂ちゃんのハッキング能力で世界中に広がったスクリプトの力を借り、能力を強化させた美鎖のゴーストスクリプトでした。

美鎖のゴーストスクリプトの目的は、ジキタリスの体に直接コードを打ち込み、異世界に封印すること。しかし、美鎖のゴーストスクリプトの力は強大でしたが、ジキタリスの時間を止めるコードに邪魔をされ、目的を達成できません。

そのとき美鎖のゴーストスクリプトが使ったのが、こよみちゃんのたらい召喚コード。ジキタリスのコードの流れをこよみちゃんに通すことで、コードを無効化しその隙にジキタリスに直接コードを打ち込むことに成功します。

異世界への道が開き、ジキタリスはその中へと吸い込まれます。しかし、弓子ちゃんを助けようとするこよみちゃんは、自分の身を投げ出してそれを阻止しようとします。でも、こよみちゃんの力は足りません。それを救ったのが、姉原 聡史郎でした。聡史郎は魔法が効かないため、異世界への道に吸い込まれることはありません。

しかし、そんなこよみちゃんたちの前にゲーリー・ホアンがジキタリスを奪い去ろうと現れます。聡史郎も倒され絶体絶命のこよみちゃんたちでしたが、美鎖のゴーストスクリプトがホアンを捕まえそのまま異世界への道へと消え去ります。

魔女ジキタリスは、こよみちゃんの弓子ちゃんを思う気持ちにほだされ、弓子ちゃんの体の中で、一生を過ごすことを選択します。そして、ジキタリスが弓子ちゃんの体の中で封印されることで、弓子ちゃんは元の彼女に戻ったのでした。

感想:
最終回のサブタイトル「TMTOWTDI」は、先週も書いた通り「There's more than one way to do it」の略です。これは。Perlというコンピュータ言語の「やり方はひとつではない」というスローガンです。今週の「たった一つの冴えたやり方」に対抗するものですね。なかなかいい感じかと。

ただし、アニメ全体としての終わり方としては、悪くはないと思うのですが、如何せん、原作未読の人にはやっぱり「よくわからない現代魔法」だったのではないでしょうか。もちろん、この最終回で色々説明してもおかしな話しになってしまうので、この回自体としては仕方がないですかね。

残念だったのは、やはりここ暫くこよみちゃんのたらい召喚コードを封印してきたので、最終回ではキーとなるときにそれを使ってほしかったということです。原作に準拠するのではなく、アニメ的な見せ方として、そうあるべきではないかと。もちろん、ジキタリスのコードを無効化する部分では使っているんですが、あれはこよみちゃんが意識して使ったわけではないですからね。

あと、絵がもう少し。どうしてこよみちゃんよりも後ろにいる弓子ちゃんの顔の方が大きく描かれるのかが気になって、仕方がなかったです。少数意見?

さて、放送後の本編でDVDとかの発売が告知されていましたが、時系列とか分かりやすく修正されたりはするんでしょうか?今の評判だと、販売は苦戦しそうですよ。

やはり、このアニメのポイントは、「現代魔法」を中心とする魔法のあり方の独自性だと思うので、それを理解できる構成にしないと、面白みが半減すると思うんですよ。それが修正されるなら、見てみたいところですが。

http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51286293.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-1409.html
http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/blog-entry-411.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-901.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。