Yよくわかる現代魔法 第10話「quick-and-dirty」です。

さてさて、「よくわかる現代魔法」も大詰めです。1クールアニメですからね。

先週は、姉原 美鎖が、一ノ瀬・弓子・クリスティーナちゃんの剣に刺され、姿を消すという非常にいい場面で終わってしまいました。少しは、今週が待ち遠しかった方もいらっしゃるのではないでしょうか。初めてまともに2話続いたのかも。

とはいえ、結構内容が分からないまま雰囲気で見られている方もいらっしゃるようなので、きちんと分かるように決着が付けられるのか心配でもあります。

ということで、よくわかる現代魔法 第10話「quick-and-dirty」行きます。

原作は、完読済み、マンガはコミックス+α程度読んでいます。世界観などは、小説版の方に書きました。大きなネタバレはしていませんので、興味がある方はそちらを。
小説「よくわかる現代魔法 6 Firefox!」
コミックス「よくわかる現代魔法 1」

あらすじ:
その日、姉原 聡史郎は、姉の帰りを待ちながら掃除をしていました。

姉原 美鎖が消えた翌朝、坂崎 嘉穂ちゃんの元には、血に染まった美鎖のアミュレットが届きました。美鎖が片時も肌身離さず身につけていたものです。嘉穂ちゃんは、それから何かを感じ取り、学校にも行かずにパソコンの前で何かを始めます。

一方、屋敷で掃除をする聡史郎の前に、やつれた弓子ちゃんがやってきます。彼女は、美鎖が突然帰っていないかと、屋敷を家捜しし始めます。しかし、美鎖は帰っていません。傷心の弓子ちゃんですが、美鎖の行き場所の心当たりとして「秋葉原」を聡史郎から引き出し飛び出していきます。

学校の授業を終え、姉原家にやってきた森下 こよみちゃんですが、美鎖がいなくなったことを聞き、聡史郎と一緒に秋葉原へ捜索に行くことにします。

そのころ秋葉原では、ゲーリー・ホアンと、コンピュータの束縛から解き放たれたジャンジャック・ギバルテスが、魔女のライブラリの復活を企んでいました。

魔女のライブラリを作った魔女ジキタリスは魔女のライブラリに彼女の情報を集約し、その情報を新しい体に入れることで、なんども復活を遂げ、世界に復讐戦を仕掛けていました。そして今回ホアンがその復活の標的としたのが、「筐体」としての弓子ちゃんでした。

秋葉原にやってきたこよみちゃんと聡史郎は、何かコンピュータを使って美鎖の現代魔法を仕掛けたような嘉穂ちゃんと、落ち合います。そこに現れたのはホアンとギバルテスでした。

ホアンが持つ剣から、姉原家に押し入ったのがホアンだと気付いた聡史郎は、彼に食ってかかります。さらには、ギバルテスは、こよみちゃんが自分を消滅させた原因を作った少女であることに気付きます。

まさに一触即発状態のそのとき、嘉穂ちゃんが仕掛けていたコードを発動させ、そして美鎖のアミュレットを聡史郎に首に掛けます。

何か不穏な魔法コードの発動を察知したギバルテスは、争わずにその場を立ち去ります。

そのとき、人心地付いた3人の前に、突然ゴースト化した美鎖が現れます。

感想:
ちょっとあらすじが長くなってしまいました。

しかし、やはり最初の方や過去編をしっかりやっていなかった弊害が出ていますねぇ。ジキタリスの説明なんて、最初の魔女のライブラリの部分でしっかりやって、ここでは補足にすべきでしょうし、嘉穂ちゃんの持つスキル、スペックについてもっと説明しておくべきでした。あと聡史郎についてもね(秘密)。

あと、致命的なのは時系列を混乱させたので、ギバルテスとこよみちゃんや弓子ちゃんとの確執が、分かりにくくなっていることでしょう。なぜ、ホアンとギバルテスが弓子ちゃんを筐体として選んだのか、どうしてあっさりギバルテスが引いたのか。困ったもんだ。

それはそうと、前から思っていたんですが、ホアンと、ギバルテスがどうも三下にしか見えませんね。ギバルテスだけでも、もう少し重厚にするか特徴を付けておいた方が良かったのではないでしょうか。

ところで、今週の「TV講座」はサブタイトルの説明でした。気付いていない人も多いんでしょうか?しかし、QDOSの説明はあれでいいのでしょうか?パソコンの黎明期に、MS-DOSの元になった伝説のOSですよ。まぁ、それが嘉穂ちゃんの行動を指すのか、魔女のライブラリを指すのか、それ以外なのかはハッキリしませんでしたが。

そのサブタイトルですが、ちょっと解説を書いてみることにします。ほどほどに信用しないこと。(苦笑)

1.hello,world 
… TV講座の説明通りプログラミングで最初に表示させる文字。第1回だから?

2.wizardry
… その名の通り魔術師。優れたプログラマーがそう呼ばれる。

3.Deus In Machina
… ラテン語の「Deus ex Machina」の誤用なんですが、サーバーという機械の中の神。まぁ、アニメでのエピソードそのもの。

4.jini
… Apacheなどでの分散システムの構築のためのネットワークアーキテクチャ。恐らく精霊のjinnと引っ掛けて使われているのかと。

5.jump off into never-never land
… ピーターパンから採られたスラング。予期しないジャンプをすることから、予期せぬ奇妙なもしくは、壊滅的な結果を生成するプログラムのこと。アニメで過去に飛ぶだけの関連?

6.ghostscript
… ページ記述言語向けインタープリタのこと。特にアニメでの意味はないと思われ。

7.voodoo programming
… そのプログラムのアルゴリズムや意味を知らずに、そのままリコンパイルして使用すること。アニメでの猫コードの内容そのもの。

8.scratch monkey
… かけがえのないデータやデバイスを慎重に取り扱うときに使われるコンピュータ業界のスラング。爆弾のことを指しているかと思われ。

9.Open DeathTrap
… 良く分からないのですが、昔あったIBMに対抗するUNIXのオープンデスクトップという動き、製品が失敗したことから、オープン化の失敗を揶揄して死の罠と言ったことによるのかと。アニメでは、文字通り死の罠の開始の意味かと。

まぁ、どうでもいいですけれどね。

次回.「Dragon Book」
… 20年前から出版されている有名なコンピュータ科学のコンパイラのテキスト。表紙が竜だったことからそう呼ばれる。

http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-872.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51279178.html
http://purgatory07idea.blog77.fc2.com/blog-entry-365.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。