Y よくわかる現代魔法 第8話「scratch monkey」です。

今週は、またまた、クリスマスショッパーネタに戻るようです。

どうも構成がギスギスしていていけませんが、恐らくスタッフてきには、うまく構成の組み換えができていると判断しているのでしょうね。決して分かりやすくというか面白く盛り上がる構成にはできていないと思うのですが。

ということで、よくわかる現代魔法 第8話「scratch monkey」感想行きます。

原作は、完読済み、マンガはコミックス+α程度読んでいます。世界観などは、小説版の方に書きました。大きなネタバレはしていませんので、興味がある方はそちらを。
小説「よくわかる現代魔法 6 Firefox!」
コミックス「よくわかる現代魔法 1」

あらすじ:
その日、姉原 美鎖は、米沢に牛肉を買いに出かけていました。

姉原 美鎖は、弟の聡史郎が生まれる前、母の魔法実験にいたずらをして、母が死んでしまうきっかけを作っていました。

そんな美鎖でしたが、今は現代魔法の使い手として成長し、こよみちゃんや弓子ちゃんとも仲良く日々を過ごしています。

ある日、美鎖は自分が産み出したクリスマスショッパーのコードが改変され、デーモンを召還する事件を追っていました。ゲーリー・ホアンの言葉から、改変した相手が神西 九十九だと判明したためです。九十九は、自分の根城を立ち去り、米沢の実家に帰っていました。

九十九を追う美鎖は、聡史郎に肉を買ってくると飛行機で出かけますが、それはすべてホアンの陽動でした。飛行機の中で、自分の実家の魔法アイテムをネットワークを介して監視する美鎖でしたが、ホアンは爆弾の脅迫で彼女の監視を逸らしたのです。さらに念を入れたことに、飛行機の電気系統をシャットダウンして見せたホアンえですが、美鎖には通用しません。

飛行機に乗る乗客の携帯電話を無理やりに活用し、巨大な魔法を起こした美鎖は、事故を未然に防ぐことに成功します。

しかし、ホアンの目的は、あくまでも美鎖が持つマジックアイテム。それは、ホアンの手に落ちたのでした。

感想:
あ、こよみちゃんのたらい召還が出なかった回は、初めてではないかな?っていうか、それほどスポットライトが、こよみちゃんと弓子ちゃんだけにあたっていたんでしょう。

水着の回もそうだったんですが、今回もかなり原作にはないオリジナルな展開でした。熊ちゃんなんて、原作にはなかったはずですから。あの魔法は、ちょっと無理がありますよ。そもそも、この「現代魔法」は、魔法にコードという概念を加えて、今までの魔法よりは現実味(?)があるものにしていたとおもうのですが、あの熊ちゃん魔法は奇想天外ですね。う~ん。

あと、水着回に続いてjiniが今回も活躍しました。ということは、原作のjiniの回は捨てるということでしょうか。嘉穂ちゃんが活躍するお話なので、非常に残念なんですが。

そうそう、嘉穂ちゃんといえば、彼女とクリスマスショッパーの接点も、さらっと流されてしまいました。スタッフには、とことん嘉穂ちゃんを活躍させる気がないようで。(怒)

というか、今さらながらですが、普通に原作通りに流してくれれば、もう少し分かりやすく、しかももう少しは深みのある物語になったと思うんですけれど。

ということで、次週は山場になりますか?

ところで、アイキャッチが変わりましたね。前の方が好きかな?

http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-836.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。