K すっかり遅くなりましたが、お誘いもいただきましたので、いつもお世話になっている「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの人気企画に、今期も便乗協賛してみようということで、6月終了アニメの評価をしてみました。

「4」のときの評価は、この辺りに書きました

うちでは、この春は、5本感想を書いていたのですが、終わったものが2本なので、それプラス見ていたものから抜粋で行きます。いつもながらに気分で書いていますので、明日になるとまた点数は変わるでしょう。

では、少なめで申し訳ないですが行ってみます。

感想を書いていたものにはリンクを貼っておきます。

ということで、うちのblogでの評価は、以下の作品です。

◎個別感想記事あり

アスラクライン
けいおん!

◎感想記事なし

・黒神 The Animation
・戦国BASARA
・東のエデン

評価項目は全6項目、各5点で30点満点です。
5:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い

◆アスラクライン

変則2クールの1クール目でした。

原作のファンだったのですが、絵、ストーリーともに満足のいくものではありませんでした。ただ、最終回の印象がよかったので、一先ず2クール目も見ようかなと思っています。

  ストーリー:2
  キャラクター性:4
  画:2
  演出:3
  音楽:3
  総合的な評価:3

  総合点:17

◆けいおん!

世間的には、この春一番話題になったアニメでした。うちの小学生の子供たちにも大人気!ギターを弾きたいというので渡しましたが、もう忘れているようです。(汗)

京アニは、今一つ突き抜けない原作(すみません)を拾ってきて、アニメ化するのが上手いですね。らき☆すたとか。

絵的には、原作よりも数段上なのであまり文句はありませんが、ちょっと前の京アニの方が好きかな?

演出的には、演奏の出し惜しみがどうも最後まで気になりました。

  ストーリー:3
  キャラクター性:3
  画:4
  演出:3
  音楽:4
  総合的な評価:4

  総合点:21

◆黒神 The Animation

今回評価した中で、唯一の2クールもの。

実は、後半は惰性で見ていました。それほど今一つだったということ。クロが可愛いというだけですが。(汗)

原作も絵は可愛いんですが、そんなに飛び抜けて面白いというわけでもないので、まぁこんなものではないかな。あ、アニメよりは原作の方が面白いです。

  ストーリー:2
  キャラクター性:3
  画:2
  演出:2
  音楽:4
  総合的な評価:2

  総合点:15

◆戦国BASARA

うちの奥の方は、最初から注目していたようですが、自分的には全くのノーマークでした。

毎週視聴にしたのは途中からですが、それだけ面白かったということ。うちには、いつの間にかゲームまであります。(汗) 先日は、真田幸村のために九度山まで行ってしまいました。(苦笑)

まぁ、何がいいと語るのも難しいのですが、とにかく熱い!のが特徴でしょうか。きっと続編なりがありますよね。

  ストーリー:3
  キャラクター性:5
  画:4
  演出:4
  音楽:4
  総合的な評価:4

  総合点:24

◆東のエデン

今回の評価で一番難しいのがこれかな。なにしろ終わっていないんですから。映画に続くというのはどうなんでしょう。

絵的には、もちろん羽海野チカさんのファンなので、特に文句の付けようがないです。

ストーリー的には、色々な謎掛けは面白かったんですが、何一つ終わっていないので、評価のしようがないですよね。雰囲気があって面白かったんですが。

  ストーリー:2
  キャラクター性:4
  画:5
  演出:3
  音楽:4
  総合的な評価:4

  総合点:22

で、おまけ。

▼ベストキャラクター賞
・ノブレス携帯(東のエデン)

あれ、欲しいです。もちろん中の人もセットでね。

▼ベストOP賞
・黒神 「sympathizer」 栗林みな実

4でも、フライング投票しちゃったんですが、今回も投票します。やはりこの曲。カラオケで唄うと最高にいいです。

▼ベストED賞
・けいおん! 「Don't say "lazy".」

あのエンディングの絵はずるいですね。結局本編で唄わなかったのがご愛嬌でしょうか。

▼ベスト声優賞
これは、キャラにもよるのでパス。

全体的に、冬のアニメよりも点が低いです。来期のアニメも楽しければいいですね。