Y よくわかる現代魔法 第0話「cruncha cruncha cruncha」です。

原作の感想は、この辺り。
小説「よくわかる現代魔法 6 Firefox!」
コミックス「よくわかる現代魔法 1」

この夏の視聴予定のアニメの第一弾です。第0話ということで、パイロット版ですかね。BANDAICHANNELで、2009/7/6までは視聴可能です。

パイロット版なので、この先こういう感じでやりますよって感じなんでしょうが、ちょっと心配な感じですねぇ。こういう感じが好きな人にはいいんでしょうが。

ということで、よくわかる現代魔法 第0話「cruncha cruncha cruncha」感想行きます。

原作は、完読済み、マンガはコミックス+α程度読んでいます。世界観などは、小説版の方に書きました。大きなネタバレはしていませんので、興味がある方はそちらを。

あらすじ:
これはすべての魔法をタライに変換してしまう少女の物語である。

森下 こよみちゃんと坂崎 嘉穂ちゃんと共に、姉原 美鎖のところで現代魔法の習得に励んでいます。しかし、相も変わらず、こよみちゃんが組むコードは、金だらいの召喚魔法に変換されてしまいます。

それに巻き込まれた一ノ瀬・弓子・クリスティーナちゃんは、こよみちゃんが正しく魔法を使えるように、現代魔法のコードではなく、自分の体でコードを組む古典魔法をこよみちゃんに教えようと特訓を開始します。

「剣と化せ我がコード!!」

しかし、全然効果が現れず、弓子の攻撃も相変わらずたらいに。痺れを切らした弓子ちゃんは、こよみちゃんにマックスウェルのコードをぶつけようとします。

最大級のそのコードを受け止めたこよみちゃんの魔法は、その魔法をキャンセルいえ、最大級のたらいへ召喚魔法に変換したのでした。

感想:
お話しは、マンガ版と同じようにちょっと先の時間のものですね。1巻と2巻の間ぐらいでしょうか。「cruncha cruncha cruncha」は、たらいが転がる音ですかね。

しかし、これは「よくわかる現代魔法」ですか?確かに一面を捕らえるとこういう感じにならないこともないですが。

まんが版もちょっとそういう感じがあったので気にしていたのですが、ちょっと違うと思います。

劣等感まみれのこよみちゃんや自分の運命に正面から向き合う弓子ちゃんなど、結構シビアな物語が展開されている印象なんですが。それをこんな萌え(苦笑)一辺倒のものにされてはたまりません。本編がどうなるのか、心配になってきました。もちろん、自分の主観ですが。

あと気になるのが“たらい召喚”ですね。あれは最終兵器なので、あんなに乱発されてはすぐに飽きてしまいそうなというか行き詰まりますよ。(笑) 何のために、こよみちゃん以外に魅力的なキャラを揃えているのかって感じですね。美鎖も全然活躍しないし。

もひとつ、コードの見せ方がどうなるのか気になります。マンガ版の表現が結構かっこいいので気に入っているのですが、なんだか普通の魔法表現になっている感じで残念です。なのはやシャナなどの魔法陣に変わる表現だと思っていたのですが。

とはいえ、パイロット版なのでこんなものかもしれません。△△が出るのもまだ先でしょうし。とりあえず、第1話以降を楽しみにしたいと思います。

http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-2528.html
http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-420.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。