I 「苺ましまろ encore VOL.-02」です。OVAですね。

朝起きると、奥歯の被せがなくなっていました。しかし、被せ自体が見つかりません。どうやら、そのまま飲み込んでしまったようです。困ったなぁ。まぁ、鉄分補強には良いか?

ということで、「苺ましまろ」OVAの第二弾「「苺ましまろ encore」の第二弾です。ややこしい。今回は、わりとタイムリー。

結局前振りが何を言っているのかというと、日常の中のちょっとした出来事が、その人に取ってのイベントであり面白いということですか。いや、こじつけです。すみません。(汗)

それでは、感想行きます。

残念ながら、原作はきちんと読んだことがありません。なぜか、1巻で挫折しました。アニメはそれなりに面白いのですが。

あらすじ:
☆サブタイ前−
今日も今日とて、いつものようにいつものメンバーは、千佳ちゃんの部屋に集合。ところが、お姉ちゃんはどうも元気がない様子。どうやら、禁煙が原因らしいけれど...。

☆Aパート−
美羽ちゃんは、友達と親友の違いが気になります。

気になることは確認をせずにはいられない美羽ちゃんは、当然のようにみんなに尋ね回ります。でも、いつものように、その方法が普通じゃないので一騒ぎ。

☆Bパート−
いつものように、美羽ちゃんは騒ぎを起こします。みんなが集まっている部屋の様子が温いと、文句を言い始めたのです。もうすぐ中学生になる自分たちは、これではいけないと。

そして中学生になった、千佳ちゃんは、遅刻しそうとセーラー服で家を飛び出していくのですが...。

感想:
えっと、感想と言ってもそれほど書くことがないのが、『苺ましまろ』らしいというかなんというか。(笑)

今回のサブタイトルが「まいにち」ですか。『苺ましまろ』を象徴するというか、OVAの最終巻も確か同じだったはずというか、だからどうしたというわけでもないですが。

内容的には、いつもの美羽ちゃんの火付けによる騒動で、ひとしきり温いギャグが繰り返されるというもので、ゆるっと見るには良い内容ですね。深い萌系の方には、違う鑑賞の仕方があったり、ドタバタに偏りすぎだとかいうご意見もありそうですけれど。

萌系というと、やっぱりギャグの部分ではなく、何気ないしぐさとか、ほんわかした部分とかで問われるような気がしますが、今回のほんわか部分はお姉ちゃんが全て持って行っているので(いつもか?)、あまり他のメンバーにはありませんねぇ。しいて言えば、茉莉ちゃんのピンポン部分?

I2 エピソード的には、話題(?)の中学生編のBパートよりも、Aパートの方が楽しめました。Aパートの茉莉ちゃんの「神」部分に爆笑し、メール部分にひっくり返りました。確かにあの壊れ具合は親友だ。(笑)オチは、見えましたけれどね。

中学生編は、茉莉ちゃんが××だったので、減点です。(汗) あとアナちゃんの格好が。(苦笑) 絵も、なんとなくですが、Aパートの方が良かった気がするし。ちょっと雑い感じがするというか、何というか。まぁ、作画の個性なんでしょうけどね。スタッフが変わっているのか確認していませんが。

さて、アンコールの次はあるのでしょうか?もう少し様子を見るとしましょう。