N 続 夏目友人帳「桜並木の彼」です。

さてさて、特に波風が立たないままに第9話まで来てしまいました。アニメ版はこのままこの雰囲気で行くんでしょうか。一話一話、一期一会を描いていく、それもいいんですが、原作の時々入る毒気もちょっと欲しいなぁと思う今日この頃です。つまり、あの人たちが出てこないかなと。(笑)

まったりも、号泣的なものも少なく、1期よりもちょっと平坦かなという気がします。

それはそうと、まずは続 夏目友人帳、第九話感想行きます。

原作は既読です。でも最近ちょっと内容を忘れてきた気が。(汗)

あらすじ:
夏目は、フリーマーケットで枯れ木立の絵を手に入れる。そして、その絵を飾った夜から、夜な夜な部屋の中に花びらが蒔かれるようになった。

その花びらを蒔いていたのは、妖・巳弥。彼女は、この絵は自分のものだという。そして、絵の中にいる八坂様に会いに来ているのだと。確かに絵の中には、男の人の影が。

巳弥は、昔八坂様に出会っていた。春、桜の咲くころに木の上から八坂様と語り合うのが、彼女の楽しみだった。そして、八坂様も巳弥と色々な場所を旅して歩くのが夢だと語っていた。しかし、ある春に八坂様がバッタリと現れなくなった。彼を探し回った巳弥が見つけたのが、名のある妖が描いたというこの絵だったのだ。

八坂様が絵の中にいると信じた巳弥は、彼に自分の正体を語り目と目を合わせて話しをできなかったことを悔い、絵と旅を続けていた。その途中でひょんなことからその絵が夏目の元にきてしまったのだ。巳弥は、壁から絵が外れ旅ができるようになるまで、夏目の元を訪れるという。

そして、数日が立つうちに夏目の体調が悪くなっていく。それに呼応するように、絵の中の木が枝を伸ばし、壁中が枝になっていた。どうやら、巳弥の想いに答えた絵の中の木が、再び元の姿を取り戻すために夏目の生気を吸い取っているらしい。

夏目のことを案じ、絵を焼こうとする巳弥を押しとどめる夏目だったが、既に限界を超えていた。巳弥は、絵を焼く前に昔のようにこの木に華を咲かせたいと、夏目やニャンコ先生とともに桜の花を描く。しかし、夏目は絵が完成すると共に倒れてしまう。

再び夏目が眼を覚ますと、巳弥の姿はなかった。そして、壁一面の枝はなくなり、絵は元の枯れ木に戻っていた。八坂様の姿もなくなっていた。

巳弥は八坂様と旅に出たのだろうか?そして、自分が妖だと告げることが出来たのだろうか?

夏目は、自分が妖を見えることを塔子さんに話せないことを思い描きながら、二人のことを思いやるのだった。

感想:
人間と妖、相容れない者同士、お互いを想い分かれるという切ない展開が、夏目友人帳では王道展開になっていますね。

それは、夏目が妖を見ることができ人から疎まれていたという人との壁と、妖ではないとうい妖との壁の両方を持っているからでしょうか。人とも妖とも上手くやっていきたいということから、両方の気持ちを理解できるということですね。

この展開は上手く嵌まるとお涙頂戴的で号泣ものになるのですが、今回はそこそこ上手くできていたのではないでしょうか。けっこうウルウルきました。巳弥が八坂様を思う気持ちが上手く伝わってきました。これは、巳弥が八坂様に姿を見せられなかったからですね。

そう言えば、一期の「露神の祠」のバリエーションでしょうか。あれは良かったなぁ。あちらの話は、結局分かれてしまうというか哀しいラストでしたが、こちらは期待を持たせるラストでした。

でも、やはり、もっと友人帳を上手く使ってほしいなぁ。巳弥に名前を返して巳弥の記憶を垣間見てというのが入れられれば、もっと綺麗になったんではないでしょうか。

悪くはない回だったとは思いますが、それだけに惜しい気がします。

http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-1344.html

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。