S ソウルイーター 「武か修羅か~決戦、ミフネvsブラック☆スター?~」です。

さて、やっとソウルイーターの新エンディングabingdon boys schoolの「STRENGTH.」が今週発売です。本当はガンダムのオープニングだったとかなんとか評判の良い曲なので、売れてほしいてすね。もう番組が終わるまであと一月になってしまいますが。(汗)

西川兄貴は、TMRよりもメタル系のabingdon boys schoolの方が好きな曲が多い気がします。この曲もかなりお気に入りです。まぁエンディング映像が良いこともあるんでしょうが。BONZマジック?

話しを元に戻して、ソウルイーター第46話感想行きます。

原作は全巻持っています。って、書くことに意味がなくなってきたなぁ。

感想:
マカちゃんとソウルは、セリフもなし?マカちゃんは、サブタイトルコールがあるからまだ良いけれど。

で、今週は、ブラック☆スターとミフネの決戦のはずだったんですが。(苦笑) スタッフがあの方を愛しているのは分かっていたつもりだったので、再登場するだろうと思っていましたが、まさかそうきたかぁ。あれはどう考えても、エクスカリバーが死神八武衆の一人の武器だったのか、それともデスサイズだったってことですよね。う~ん。死神様が八武衆について語っていたときの回想には、それらしい姿はなかったけれど。

しかし、エクスカリバーがまじめにやっていると、何だかすごく違和感が。(笑) ヴァカめもいつになく控えめだったような。周りの反応がシリアスだったからかなぁ。

それはそうと、エイボンも死神八武衆の一人ですか。ということは、エイボンは死武専側についたと考えてよいのでしょうか。ますます原作とは違ってきていますね。

で、本命のブラック☆スターとミフネの決戦。エクスカリバーに場を乱されながらも、なかなかに熱い展開。あれは、ブラック☆スターやられてしまったんでしょうか?原作のマサムネとの邂逅がなかったので(そうですよね?)、ここで決着するのかどうかは分かりませんが、どちらの結果になるとしても続きが気になります。

さて、一番気になったのが次週予告。「奇跡のちゃぶ台返し~跳べ!僕らのデス・シティーロボ?~」って何?(苦笑)梓の「私の眼鏡でいちころヨ」のセリフにも笑ったけれど。

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。