S ソウルイーター 「最後の魔道具~武器無しキッドのミッションインポッシブル?~」です。

えっと、エンドロールのあれはネタバレではないんですかね?ほら、声優さんの名前が出るところの役名です。もろに書かれているんですがいいんですか?まぁ、魔道具って言えば彼なんでいいんでしょうが。(笑)

それはそうと、ますますオリジナル展開ですね。この先どう展開していくのか、全く読めなくなってきました。キッドのセリフを聞いて、エンディング映像を見ていると、まさかのバッドエンドもありそうな気がするし。(汗)

ということで、ソウルイーター第43話感想行きます。

原作は全巻持っています。既読ですが、もう別展開。

感想:
今週は、キッドが最後の魔道具を手に入れるお話しでした。

「ババ・ヤガーの城」の決戦は、マカちゃんパパや「キング・オブ・委員長」が言うほど接戦に見えません。傍目には、どうも死武専側が圧倒しているように見えてしまいます。(汗)

一方、マカちゃんは、どうやら行き先も決めず走り出したようで。(苦笑) そんな駆け足でたどり着ける場所だったんですかね。

そのマカちゃんの目標のメデューサとシュタイン博士。「ババ・ヤガーの城」の決戦を高みの見物ですか。でも、あの死武専の生徒たちの闘いを見つめるシュタイン博士の目は、何を意味しているのでしょう?

そして、キッドの闘い。

キッドが闘っているあのピエロは、原作でマカちゃんが飛躍するきっかけとなった道化師でしたっけ?手元にマンガがないので、どんな姿だったか覚えていないや。闘い方は覚えているんですけれどね。すごく面白かった記憶が。
もし、ピエロと道化師が同じものだったなら、マカちゃんの道化師編がなくなっちゃうってことですよね。残念だなぁ。

それはそうと、一番冒頭に書いた役名。別に隠すこともないので書いちゃいますが、「エイボン」ですね。魔道具を作った人。彼がキッドに語りかけるということは、原作とは立ち位置が違うンですね。原作は原作で、意外性もあって面白かったんですが、アニメでどうなるのかも楽しみです。

ああやって語ってくるということは、ひょっとして既に死んでいるとか。うむうむ。

声優さんが違っていれば、ひょっとしてエクスカリバーがエイボンだったなんてオチもありかななんて思っていたんですが。(汗)

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。