T もう今年も残すところあと半月、冬の改編期ですね。今見ているアニメは、2クールものが多くて、このまま冬まで続くものが多そうです。追加で感想しそうなものも、変則2クールのものなので、全然目新しくないですね。アニメの制作の全体本数は今期とあまり変わらないらしいですが。

で、冬の予定は、2クール目の作品をやってしまうと、感想の予定が立たないので調整して次週にでも上げます。

ところで、2009年も春以降になると、自分の読んでいるマンガや小説のアニメ化が待っているようなので、楽しみだったり不安だったりです。

今回は、ちょっとその辺りの情報をまとめてみることにします。あ、キャプは冬も楽しみな「とある魔術の禁書目録」の姫神ちゃんです。来期も楽しみですね。(笑)

さて、予定は未定ですが、自分の読んでいる本などでアニメ化される作品はこんなところらしいです。2期目とかはなるべく省く前提です。

4月:「神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS」(原作はキャラ系ファンタジーのラノベ)
→ 1期の絵が壊滅だったのですがやはり制作会社変更ですか。それでWebの絵が良くなっているんだ。

4月:「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」(原作はご存じのマンガ)
→ 原作準拠でリメイク。今からもう楽しみです。でも原作も山場で気になっています。

4月:「シャングリ・ラ」(原作は近未来SF(?)小説)
→ 池上さんの小説は傑作ですよ。キャラデザが村田蓮爾さんですか。

7月:「よくわかる現代魔法」(原作はファンタジー系ラノベ小説)
→ えっと、今更アニメ化ですか?“がん!”あ、金だらいが頭に。ジャンプSQでマンガ化されているからですね。魔術の取り扱いが独特で、面白いですよ。

未定(夏?):「GA 芸術科アートデザインクラス」(原作は4コママンガ)
→ 今一番面白いマンガだと思うので、これはちょっとやめて欲しい気も。
マンガ自体は同じまんがきららcaratの連載マンガでアニメ化された「ひだまりスケッチ」の2倍面白いとおもうんだけれど、アニメにはひだまりの方が向いている気がします。
原作の感想はこちら

未定(夏?)4月らしいです:「Pandora Hearts」(原作は、ファンタジー系マンガ)
→ XEBECでアニメ化かぁ。綺麗な絵が売りのマンガなので、ちょっと心配だなぁ。
ちなみに、マンガの7巻は12/27に発売ですよ。

>未定(夏?)4月らしいです:「咲-saki-」(原作は美少女麻雀マンガ(?))
→ 確かに最初からアニメ向きだと思っていました。ちょっと楽しみだったりして。
ちなみに、マンガの7巻は12/27に発売ですよ。(書き間違い)

自分の一番の期待は、やっぱり『よくわかる現代魔法』かな。宮下さんの絵が、アニメ向きな気がします。あと、コードがどうアニメで表現されるのかが見てみたいかも。

http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51263155.html