K かんなぎ「ナギたんのドキドキクレイジー」です。

さてなぎさまというか、戸松遥 さんのOPソング「motto☆派手にね!」は、今週のオリコンでのシングル週間チャートで第10位でした。一般にはほとんど無名と言っていい戸松さんですから、ほとんど「かんなぎ」人気だけで10位まで持ってきたという感じでしょうか?それとも、声優としての人気爆発タイミングに出会った?

ということで、「かんなぎ」第6話です。

原作は既読です。というか全巻持っています。

感想:
ああ、このお話しですね。原作も面白かったです。つぐみちゃんも結構目立って登場するので。アンナミラーズっぽい扮装でしたが。

ところで、なぎさまがアルバイトをするのは一石二鳥ということでしたが、二人分の生活費って、どうやって捻出しているんでしょうか?二人ともあの偏食だからどうにか収まっているだけで、やはりおしゃれをする余裕なんかないんでしょうかね。

しかし、前半はともかく、後半のメイド喫茶辺りから、今週も妙に絵が動いていました。動くのはいいんだけれど、そこだけ浮かなけりゃね。今週は、あまり違和感なく見れたので合格点ということでしょうか。最後のざんげちゃんへの仕打ちさえなけりゃ、お話しも面白くて満足でした。

オタク系の話しのときは、小ネタも面白いのでいいですね。腐女子のシーンは、受けましたが、小学生の子供が、横で見ていたので、知らん振りをしていました。小学生にも受けてます。特に、食事シーンが好きなようです。(汗)

で、次週は、だから「後編」って何?って突っ込んであげとこう。(笑)

あ、EDが鳴子ハナハルさんだ。「かみちゅ」の人と言っておこう。(汗)

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51139133.html
http://blog.livedoor.jp/katsux2/archives/51088876.html