S 「灼眼のシャナXVII」高橋弥七郎
電撃文庫 ISBN:978-4-04-867341-9

待っていましたよ~(号泣)。短編集を除くと、1年ぶりの本編新刊です。表紙のドレス姿のシャナ可愛い。さて、何のためのドレスでしょう。(微笑)

この前の巻のラストがアレでしたので、もう気になって気になって気になっていました。アニメ版や電撃系の本の感想のあちこちに、シャナの新刊を待つコメントをかいてしまっています。

で、待った甲斐があったという内容だったのでしょうか?

ということで、17巻感想行きます。

小説版灼眼のシャナの感想アーカイブはこちら。

出版社からあらすじを引用しておきます。

あらすじ:
どうして──私に手を伸ばすの、悠二?

[仮装舞踏会(バル・マスケ)]の盟主・“蛇”との戦いに敗れ、シャナは『星黎殿』に幽閉された。
炎髪も灼眼も、今は紅蓮の煌きを失い、大太刀『贄殿遮那』は取り上げられた。自在の黒衣『夜笠』を身に纏うこともできない。なにより、魔神“天壌の劫火”アラストールの意思を表出させる神器“コキュートス”すら奪われている。
ベルペオルの宝具『タルタロス』によってその異能を封じられたシャナには、抗(あらが)うすべは残されていなかった。

──命を狙う存在がすぐそこまで迫っていたとしても。

星空を背に、その“紅世の王”は現れた。不意をつかれたシャナの見据える前で、“紅世の王”は抹殺の意思を呟く。

「おまえは──要らない」と。

感想:
これは時間が掛かるでしょうね。何しろ、新しい“紅世の王”や“紅世の徒”、さらにはフレイムヘイズたちが大量に出てきますし、それらの関係も整理しないといけないのですから。名前を考えるだけでも大変でしょうねぇ。(汗)

閑話休題、ストーリーは、うう~ん、なんともじれったいです。

灼眼のシャナは、シャナと悠二のそれぞれ想いを中心に、それに周りの人たちの思いが絡み合ってストーリーが構築されているとおもうのですが、前巻で悠二がああいう状態になったので、彼の想いがほとんど出てこないのです。それがじれったい。
あらすじにあるようにシャナが「手を伸ばす」から、自分の気持ちに気付くシーンは良かったですが。

まぁ悠二が何をしようとしているのかが、今後のストーリーのポイントだとは思いますので、それを書いてしまうわけにはいかないんでしょうね。

ということで、楽しみにしている人たちのために注意書き。

<以下、本の中身に言及している部分があります。未読の方はご注意を>

ところで、今回は本当に静かな内容でした。しかし、色々と謎の説明がされた巻でもありました。

『久遠の陥穽』や『大命詩篇』、そして[仮装舞踏会(バル・マスケ)]の本当の目的など、あっさりと言っても良いほど簡単に明かされています。今まで引っ張ってきたのは、何だったんだって感じもちょっとしました。(汗)

ただ、『久遠の陥穽』は、前の巻でイメージができていたので、あまり違和感はなかったです。『大命詩篇』も。そして、[仮装舞踏会(バル・マスケ)]の目的と結ばれると、ああそうなんだという感じですーっと繋がります。ここは、しっかりと考えてあったんでしょうね。

そしてもう一つ、“祭礼の蛇”が悠二と共存する理由もハッキリしました。“祭礼の蛇”側から見た理由ですけれどね。確かに『零時迷子』は便利ですねぇ。

でも、一つやっぱり、悠二が“祭礼の蛇”と共存する目的が分かりません。シャナを救うためという感じの表現はありますが、その手段は不明ですね。確かにフレイムヘイズの力を失ったシャナは、あまりにもひ弱で、ちょっと哀しかったです。

ところで、『大御巫(おおみかんなぎ)』“頂の座”ヘカテー様が途中で活躍されますが、あれはいけませんね~。あんなに感情に任せて行動されるのは、ヘカテー様ではありません。(涙)

最後に、この本で一番驚いたのが“屍拾い”ラミーこと“螺旋の風琴”リャナンシーです。彼は、てっきりフレイムヘイズ側に付くんだと思っていたんですよ。それがアレでしょ?びっくりしました。いや、ラミーの姿のままで、“螺旋の風琴”リャナンシーを名乗った違和感にびっくりしているのではありません。(汗)

で、次巻はいよいよ決戦、戦争ですね。楽しみですが、いつになるのでしょうか?

[仮装舞踏会]残留軍、“祭礼の蛇”、『万条の仕手』ヴィルヘルミナ・カルメル、『震威の結い手』ゾフィー・サバリッシュを頭とするフレイムヘイズ軍、大きく分けて四つのメンバーがそれぞれ秘めた策略が匂わされていて非常に気になります。あ、マージョリー姐さんの復活(苦笑)と、『ヒラルダ』の謎解きにも期待期待。

※注意:TBはフィルタに掛かると表示されないようです。エラーがない限り、恐らく届いていますので、別途承認することで表示されます(言及リンク頂くとましなようです)。ご容赦願います。

http://greensnake.blog70.fc2.com/blog-entry-443.html

http://blog.livedoor.jp/mattari_6/archives/51256426.html