M2w4vt3u 電脳コイル「かなえられた願い」です。

風邪引いて寝込んで出遅れました。
うちの小学生が、アニメ雑誌で残り話数を調べてくれました。前回の総復習は、話数に含まないようですね。
残り今回も含めて、後4話とのことです。

ということで、電脳コイル第23話です。


感想:
オープニングのNULLの話で、いきなり2週前に引き戻されます。

しかし、なんと書いていいやら。この展開は子供向けにはあかんやろ、と思う自分と、怒涛の展開に震える自分がいて難しいです。
やはり、一番引っかかるのは、自ら暗号炉を暴走させるってところですね。六年生にそれをさせてはいかんやろと思うのですが、話的にはそれでヤサコが心的により追い詰められることになり面白みが増していると思います。微妙ですねぇ。

しかし、この「かなえられた願い」は、すごいサブタイトルですね。確かにイサコの当初の願いは叶えられました。
ですが、イサコ本人が意識しているかどうかは別にして、「ヤサコ」という友人、学校や大黒市黒客クラブの仲間たちを得た今では、願いも変わっているはずです。
それが、イサコの「友達になれたのかどうか、よくわからない」と語るシーンで印象的に示されていました。

見ている方としては、実はもうこの辺りから、かなりテンパっていて、デンスケが献身的な行動で消えていき、ヤサコが叫ぶあたりでは、もうウルウル状態でした(涙)。

今回、今までの謎、イマーゴやイサコの兄の死などが説明(本当に説明だったところが不満といえば不満)されました。
残りの謎とは、こんなところですか?

・猫目の後ろにいるメガマス社の目的は?
・猫目の真の目的は?名前を残すは表向きで、父が絡む?
・ミゼットの飼い主は?
・ミチコさんが生まれた理由は?
・ヤサコは、コイルスノードのデンスケから、コイルスドメインの影響を受けていたにせよ、昔から何か理由があって電脳世界に関係しているのではないか?
・イサコやデンスケ、ミチコさんたちは、フォーマットされた?
・下駄箱でイサコが語った、ヤサコの過去

号泣しながらイサコの「No Data」姿を見ると、次を早く見たくなりますが、あと3話ですか。楽しみなような、寂しいような。

[言及リンク]
http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-1442.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-3545.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50415218.html
http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-55.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-684.html