A_18 「ARIA」11 天野 こずえ
マッグガーデン ISBN:9784861274312

第3期も決まったARIAの新刊です。
今回も初回限定版があります。限定版は、マウスパッド付きですか。
OVAも見ないといけないのですが、近くのTUTAYAでは、レンタルしていないんですよ。困ったなぁ。

ということで、感想行きます。

今回は、主人公の灯里ちゃんを中心に、藍華ちゃんアリスちゃん、3大妖精、ケット・シーとバランス良く短編が並んでいます。

それは置いておいて、いつものようにということで、各話ごとにいきます。

Navigation 51 クローバー

藍華ちゃんと晃さんのお話し。
もう少し元気がいい藍華ちゃんが見たかったなぁ。
しかし、ちび藍華ちゃんの発言は、ませすぎ。

Navigation 52 海との結婚

一応三人娘のお話しかな?
ヴェネツィアでも実際にフェスタ・デッラ・センサの一行事として行われるらしい「海との結婚」のお話です。
アニメ版ARIA The NATURAL 23話『その 海と恋と想いと…』でも「海との結婚式」ということで出てきましたが、別のお話しですね。
とにかく、アリシアさんファンにはショックなお話しでしょう。
しかし、ムッくんは許せんな。

Navigation 53 ケット・シー

灯里ちゃんとケット・シーのお話し。
「海との結婚」と、これを読んで、「あ、ARIAも終わるのかな?」と思いました。
綺麗なお話しです。でも、どうだろう、あれを渡すと実在が確定するので、最後まで七不思議の方がいいのに。

Navigation 54 休日

アリア社長が活躍するお話し。
最近、猫社長たちの影が薄いですが、それだけ三人娘たちも大人になったということですね。
これはこれで、ARIAらしいですね。

Navigation 55 黄昏時

アリスちゃんのお話し。ミドルスクール卒業です。
とにかく、読んでびっくりしてください。

表紙は、アリスちゃんの最後のミドルスクール制服姿です。でっかい可愛いです。

でも、構図とか絵とかがちょっと前巻に続きちょっと落ちているのかなと感じました。というか、絵の線が減っているのか。前の方がよかったなぁ。まぁ、天野さんは、良く絵が変わるから。

一番のお話しは、「黄昏時」と言いたいところですが、やっぱり「ケット・シー」かな。絵的にこっちが好きです。

さて、次はアニメが先か『月刊ウィンディーネ2』が先か。でっかい楽しみです。