5_ixpnmt エル・カザド「逝く男」です。

「逝く男」ですかぁ。
次回予告からすると、エル・エーかリカルドか。以前の対決ではリカルドが勝ったので今度は...って気もしますが。
まさかいきなりローゼンバーグというのはないですよね。

ということで、いよいよ佳境のエル・カザドの24話いきますか。いえっさ。


あらすじ:
ローゼンバーグと出会ったナディとエリス。

ローゼンバーグは、自分がエリスがシュナイダーを殺したと言われる事件の真相を唯一の人物だと言う。そして、エリスの魔女の力を覚醒させるために泳がせていたとも。

そしてローゼンバーグは、エリスが覚醒の旅で知り合う相手と心を通じることも折り込み済みで、その相手を消すことで、完全に覚醒するのだという。

ナディを狙うローゼンバーグだが、リカルドが割って入り事なきを得る。

ローゼンバーグは、邪魔なリカルドを消すためにエル・エーを再びコントロールする。彼の心を、エリスを大切にする気持ちを与えたのは自分だと。

リカルドは、エリスを守るためにナディを残し、一人エル・エーと対峙する。

闘いの途中で心を取り戻したエル・エーだが、結局リカルドの銃弾に倒れる。

最後に彼は、幼いころにポッドの中で出会ったエリスに再び出会う。それは、リカルドを追いかけて来たリリオだった。
リリオの笑顔をエリスのものだと信じ、満ち足りた気持ちでエル・エーは目を閉じるのだった。

感想:
逝ったのは、やはりエル・エーでした。
しかし、ランボールックは、今どき流行らないと思うぞ(笑)。

ローゼンバーグの考えは、あまり意外性がないというか、予想範囲だったのでちと残念。もう少し、突飛な考えがあるのかと思いましたが。父の復讐というのは、ちょっと余計かな。

エル・エーとリカルドの闘いは、久しぶりにガンアクションって感じで良かったです。まぁ、欲を言えば、もう少しエル・エーに頑張ってリカルドを追い込んでほしかったですが。結構あっさり負けちゃいましたね。

しかし、最初にリカルドがローゼンバーグを抑えたときに、なんで彼を拘束しなかったんでしょうね。どう考えても甘いですよね。

あと、リリオが出て行くときナディが見ていた気もするのですが、あれはいつも待っているからということなんでしょうか?

とにかくほとんどエリスが活躍しなかったので、いえっさ教信者としては、物足りないのでした(苦笑)。

次週は、いよいよ魔女の村でしょうか。ローゼンバーグがえらい姿になっていますし、銃弾が銃弾が、ぁあぁぁ。

ということで、次週も見なくては、いえっさ!

http://moskid.blog88.fc2.com/blog-entry-395.html