M0o6lauk 電脳コイル「メタバグ争奪バスツアー」です。

先週、イサコの前に完敗、地に塗れたダイチが、どう反撃していくのかと思ったら、ちょっと違いますね。
表面的には、手を握り合っている?

ということで、電脳コイル第5話の感想行きます。


感想:
というか、思いつきのメモみたいなものです。

いいですね〜。こういう雰囲気。やはりジュブナイル的な雰囲気を狙っているのでしょうか?というより、ひょっとしたなら、単に昭和の雰囲気をやりたかっただけかもしれません。
どちらにしても、ラムネがいいアイテムですね。

ということで、ハラケン登場。謎のバイクの人物も含め、どうストーリーに絡んでいくのか気になります。

復習として、気になる点について整理。
・この回のポイントは、冒頭。
 「メタバグの中には時として音や映像などの情報が含まれているそうです。」
 では、それはどこから?誰かの記憶?
・今回の騒動でのイサコのメリットは?
 ダイチを使って、メタバグ入手?暗号式にもメタバグが必要ということか?