Wcjhm6_x セイントオクトーバー「ロリ帰国!世界よ、われに超ひざまづけ!」です。

出張ばたばたの上に、風邪引きで声が出ません。ウォッカのダービーにも歓声が上げられずにちょっと残念。
まぁ、声が出なくてもblogには関係ありませんが、ちょっと簡略モードで、あらすじ省略で行きます。

ということで、銀の鎖の道を辿りて 今こそ我を導き給え!

感想:
先々週から畳み込みモードで、シリアス色が強くなっていますが、いよいよラストに向けて謎解きっぽいですね。

クルツ社長の元に拉致されていたユアンくんは、カードを3枚だけもって逃げ出したのですね。どうして逃げ出せたのかは分かりませんが、黒猫くんが関係しているのでしょうか?あまり重要ではない?

しかし、3枚ということは、小十乃ちゃんは、ジャスティス(正義)のちからはユアンくんから手に入れたとして、ジャッジメント(審判)の力は、どこから手に入れたのでしょうか?
今週クルツ社長にアレされたのは、ジャスティス(正義)の力ですよね。まだジャッジメント(審判)の力は残っているのではないでしょうか?

ただ、街はバランスが崩れて大変なことになりつつあるようなので、次週のアッシュとヨシュアの説明だけでは終わりそうにない雰囲気です。
バランスというのが気になりますね。やはりユアンくんと、クルツ社長が一つにならないといけない?すると、実はクルツ社長が正しい行動だったりするのでしょうか?

ということで、次週は二つ目の山場です。
背徳という名の鎖を解き放ち今こそ我を導きたまえ〜。