2gylqvzb エル・カザド「働く男」です。

「働く男」といえばユニコーンなわけですが、17年前ですか。もちろんユニコーンも良かったのですが、今はsavage geniusですね。16日は、「光の行方」の発売日です。お忘れなく〜、いえっさ。

ということで、エル・カザドです。


あらすじ:
ダグラス・ローゼンバーグは、エル・エーの暴走に手を焼き、彼を再教育するためにとリカルドに捕獲を依頼する。
リカルドは、街のホテルにリリオを残し、エル・エーの捕獲に出かける。

そのころ、エリスとナディは、荒野の道をひたすら歩いていた。何日も野宿続きの二人は、ヒッチハイクをして街に移動する。

エリスとナディは贅沢して泊まったホテルで、リカルドの帰りを待つリリオと出会った。リリオは、以前会ったナディのことを覚えており、エリスになぜか懐いていた。

そのころエル・エーは、街で彼を馬鹿にした人間を切り刻む事件を起こしていた。リカルドは、彼のその行動を目にし、警戒を強める。そして、遺跡でエル・エーとリカルドは対決する。

エル・エーのピアノ線のようなもので切り刻む能力は強力で、遺跡の石を一瞬で切り刻んで行く。しかし、リカルドはエル・エーの行動パターンを読み、彼を気絶させて捕獲に成功する。

ホテルで待つリリオの前に帰って来たリカルドに、ナディは何度も出会うのは偶然かどうか問いかけるが、リカルドは応えることはなく、リリオの面倒を見てくれた礼を言うと立ち去って行った。

感想:
やっぱり独特の雰囲気というか、盛り上がらない雰囲気で盛り上げる感じがいいですねぇ。

ところで、「人間のくせに」というエル・エーは、やっぱり普通の人間ではないのでしょうか?エリスのことは、「エリス」と呼ぶので、エリスもやはり普通人間ではないのでしょう。

リカルドは、顔色ひとつ変えなかったところを見ると、ある程度真相を告げられているのでしょうか。そして、彼が連れて歩くリリオも言葉を発しないこともあって、エリスやエル・エーと同じタイプとも思えます。気になりますね。

さて、主要登場人物が接触したことで、少し話が展開したような気もしますが、エル・エーが一時退場となってしまいました。ストーリーにアクセントを与えていた人物の退場で、次回はどう盛り上げて見せるのか気になります。

リカルドとリリオが、積極的に動くのでしょうか?次週も見なくてはいけませんね。いえっさ!

[言及リンク]
http://freeagent.blog34.fc2.com/blog-entry-489.html
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/blog-entry-232.html