Kdhkjqrp Darker than BLACK -黒の契約者-「契約の星は流れた…後編」です。

一部のコードギアス信者から迫害を受けているような「黒の契約者」ですが、結構面白そうですよね。コードギアスが何でもありの分、一般には受けがいいのかもしれません。
世界系ということで、まだ色々とその世界設定が明らかになっていませんが、徐々に示されてくるのでしょう。

ということで、オープニングストーリーの後編です。


 

あらすじ:
追手から逃げきった、李と千晶は、街を彷徨っていた。
10年前に星空が消えて(「ヘルズ・ゲート(地獄門)」が作られて)、偽物にすり変わったときから、契約者と呼ばれる超常能力を操る者たちとドールが現れたらしい。そして、政府は、彼らの持つMEという新技術を使って、その情報を知る者たちの記憶を消しているらしい。

李と千晶は、二人のアパートに戻るが、そこも荒らされていた。そして、警視庁公安部捜査員が千晶を追って、アパートに現れるが、黒猫のサポートで逃げ出す。

李と千晶は、ファレスで食事をするが、李はすごい量を食している。げんなりする千晶が、トイレに行っている隙に、契約者たちが二人に迫る。

それに気付いた李は千晶を連れて逃げ出す。そして、千晶の案内で、盗み出した秘密情報の元へ。しかし、そこにもなぜか契約者たちが先回りしていた。

情報を手に入れた李は、千晶を警察に匿ってもらえるように気絶させて、契約者として行動するスーツを身にまとい自分が囮になる。

しかし、千晶既に死んでおり、今の千晶はドールで、情報は偽物だった。
契約者たちが、ルイを殺した相手をおびき出すために採った作戦だったのだ。千晶を庇おうとする李こと黒(ヘイ)だが、敵の契約者の言葉で千晶の記憶が解除され、黒は千晶に撃たれてしまう。

撃たれて倒れたように見えた黒だったが、それは偽装だった。敵の契約者の隙をつき、2人を倒す黒。だが、敵の契約者ジャンの物質交換の力が黒の心臓を狙う。

それを庇ったのが、心をなくしたドールであったはずの千晶だった。

黒は、銀(イン)の水を使う探知能力を使いジャンを追い詰め、千晶の仇を討つのだった。

感想:
ほとんど予備知識ゼロでこの番組を見ている訳ですが、どうやら契約者たちの能力には様々あって、それがどんな能力かというところが一つの見どころのようですね。

ジャンは物質交換能力。心臓と壁のコンクリートを交換する攻撃はなかなか面白かったです。
銀(イン)は、水を媒介にした探知能力。というか彼女はドール?
猫(マオ)はなんですかね。MEで記憶を取り出したりできるようなので、それに関連するような能力でしょうか。
ポールは、爆破能力ですか。

で、黒(ヘイ)ですが、何でしょうね。警視庁公安部も謎の力って言っていましたし。何か電気系のショックのようにも見えますが、それなら分かりそうですが。

あと、契約の対価っていうのがあるようです。
ルイは体の痛みですか。指を自分で折っていたみたいでした。
ポールは、花を食べていました。
ジャンは、意味もなく石を並べること。これは辛そうだ。
黒(ヘイ)は、大食いですかね。

雰囲気が非常にあって、面白そうです。もう少し早く設定が明らかになった方が、アクションものとしては楽しめそうですが、アクションよりも謎解きに重点が置かれているのかな?

とにかく、色々と設定が凝っていて楽しめそうです。

[言及リンク]
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-731.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50845668.html