Qywnqx9c セイントオクトーバー「ロリ慟哭!悩んで迷って、超乙女!!」

先週からシリアスブラック展開のセイントオクトーバーです。
某コードギアスもブラック展開だったのですが、演出的にはセイントオクトーバーの方が上という声も。
でも、今までがあるので、2週続くかどうかが問題ですね。

銀の鎖の道を辿りて 今こそ我を導き給え!ということで行きますか。


あらすじ:
小十乃ちゃんは、ソフィア元部長をジャッジメントして、消してしまったという自責の念にかられて、食事も満足に採ることができません。ユアンくんやヨシュアさんも心配しますが、小十乃ちゃんは部屋に籠もったままです。

一方、クルツ社長がハワイのプライベートビーチで休暇中のリバース社では、カフカがショックから辞表を出して田舎に帰ろうとします。
クルツ社長は、ハワイから石版の力を使い、社員教育と言いながら力を奮います。

小十乃ちゃんが登校しないことを心配する菜月ちゃんですが、そんな彼女の前に、クルツ社長の力で極悪化したカフカが襲いかかります。そんな彼女を赤ロリちゃんが救おうとしますが、二人ともカフカに捕まってしまいます。

部屋に閉じこもる小十乃ちゃんの元に、カフカから呼び出しの電話が掛かります。誰も傷つけたくないという小十乃ちゃんに、ユアンくんがあのままではソフィア元部長は救われない、小十乃ちゃんにジャッジメントされたことで、彼女は救われたのだと言います。そしてユアンくんは、心の闇だけを裁く「許しの力」を小十乃ちゃんに授けます。

カフカは、黒ロリちゃんを待ちきれず白ロリちゃんを殺そうとします。そこへ黒ロリちゃんが登場、白ロリちゃんを救います。

戦う黒ロリちゃんの前に、カフカを通じてクルツ社長が語りかけます。ジャッジメントするとまた消えてしまうと。怯える黒ロリちゃんは、窮地に陥ります。

しかし、ユアンくんから新しい力を得た黒ロリちゃんは、戦いたくないというカフカの真の心を見抜き、「許しの力」でカフカの闇だけを裁きます。
カフカは、ソフィア元部長の形見のねじを持って田舎に帰るのでした。

そのころ、フラダンスを踊る(笑)クルツ社長は、カフカが破れたことを知り、石版を使って新たにある少女に力を与えます。
そして、アッシュに呼び出された猟兵くんが「塔」のカードを与えられる中、その少女エスメラルダと協力して、ジャッジメントを抹殺することになります。

感想:
先週の黒展開から、今週は予想通り小十乃ちゃんの復活の回でした。

しかし、先週、今週と予想以上に絵もストーリーも良く驚いてしまいました。特にクルツ社長の極悪っぷりと小十乃ちゃんの泣きがいいですね。フラダンスを踊るところがシュールでカルト感を煽ります。

シュールといえば変身シーンだったのですが、新ジャッジメントもこれまたシュールです。剣関係ないやんって感じですね(苦笑)。でもあの小十乃ちゃんが後ろに倒れていくシーンはすっごい好みです。

ただ、ちょっとエスメラルダのキャラが...。ゴスロリ少女探偵団の3人が、ロリキャラでないので、用意したのですかね。
彼女はきっとあの人の妹ですよね。そんでもって、彼女が登場するということは、小十乃ちゃんはもう一度ジャッジメントの葛藤にみまわれるのでしょうか。

あと、猟兵はどこまで意識してリバース社に参画しているのか気になるところです。でもいいのか猟兵、その格好で(笑)。

ということで、カードの整理。
・愚者
・魔術師 − エルロック
・女教皇 − ソフィア元部長
・女帝
・皇帝
・教皇
・恋人達 − フィレーナ
・戦車 − スタルク
・力 − 三咲
・隠者
・運命の輪 − オープニングソングの歌詞
・正義 − 小十乃
・吊された男
・死神
・節制
・悪魔
・塔 − 猟兵
・星 − 星蘭
・月 − 菜月
・太陽
・審判 − 小十乃?
・世界

次週は、エスメラルダ本格参戦ですか。楽しみですね。

背徳という名の鎖を解き放ち今こそ我を導きたまえ〜。