Hll6jjun ゴーストハント:FILE8「呪いの家」#4です。

さてさて最終回です。
伏線は回収されないのは分かっているのですが、この「呪いの家」の回の収拾さえ危うい状況です。

いかがだったでしょうか?


 

あらすじ:
霊の襲撃を受け、ぼーさんとジョンがいない状況の麻衣たちは、危機に陥る。しかし、危うい状況で、ぼーさんが駆けつけ、 ベースに結界を張る。これで、朝まで霊の部屋への侵入を遮ることができる。
しかし、吉見家の人々や意識のないナルを守るために戦ったぼーさんたち はボロボロの状態だった。

そんな中、リンの元へ戻った式を感じて、真砂子があることに気付く。そう、襲ってきた霊たちは、何かに操られる 式の状態だったのだ。

翌朝、ぼーさんとジョンは、お経が聞こえたことから、式を操っていたのは、三六塚に祭られた行者たちだと判断し除霊 に向かおうとする。しかし、ぼーさんも疲労困憊の状態だ。そこで除霊を買って出たのは、綾子だった。

綾子は、神社で木々の精霊力を借り て、霊を浄化する。次々と綾子に浄化してもらうために集まる霊たち。ついに三六塚の霊も浄化され、すべてが終わったように見えた。しかし、綾子は霊でない 強い力が残っていると語る。ぼーさんたちは、消去法から残る可能性は「おこぶさま」だと判断する。

霊の浄化を終えたSPRのメンバーが吉 見家に戻ると、ナルが復活していた。綾子によってナルに取り憑いていた霊も浄化されたのだ。
復活したナルは、資料のみで事件の全容を推理し的中さ せる。そして、ぼーさんが止めるのも聞かず、「おこぶさま」を除霊すると言い出す。

洞窟の「おこぶさま」の前に集まるSPRの面々。そし てぼーさんの除霊が開始された。

洞窟を乗っ取り、洞窟に集まった低級霊(?)を操り、除霊を妨害するおこぶさま。SPRの面々が力を振り 絞ってぼーさんの除霊をサポートする。

ぼーさんの除霊が効果を現し出し、ぼーさんは仕上げに独鈷杵で「おこぶさま」を割ろうとする。しか し、おこぶさまに反発され、ぼーさんは力が尽きる。ジョンや安原少年が続いて割ろうとするが、おこぶさまの力も強力ではじき返される。

ナ ルはSPRのメンバーをいつもの調子で(?)鼓舞するが、それが麻衣の怒りを買う。自分でなぜ解決しようとしないと正論を吐き、罵る麻衣の売り言葉を買っ たナルは、ついに秘められた力を気孔法を使って発揮する。

一撃でおこぶさまは吹っ飛び事件は解決する。

しかし、力を使っ た代償として、ナルは倒れてしまった。
ナルは、その大きすぎる力を制御できないために、力を使わなかったのだ。

そして、入院した ナルの元に集まったSPRの面々。麻衣はいつまでもこの日々が続くことを願う。

感想:
やはり先週で予想した通り、 時間が足りませんでしたね。オープニングとエンディングがなかったのも予想通り。ひょっとしたら、CMも削っていたんじゃないかなって感じです。

特 に、洞窟から後、シリーズの謎解きの部分がばたばたと行ったので、ラストの余韻が生まれなかった感じがします。原作未読の方の印象が気になりますね。

あ と、SPRのメンバーが痛んでいるところが省略されていたので、あっさり引き上げようとしたように見えてしまいました。思うに、「公園の怪談!?」を飛ば して、1話追加した方がよかったんではないかなぁ。あれは、DVD特典ということにして。終わった後では、好きに言えますが(汗)。

最終 回までは、結構満足していたのですが、ちょっと終わり方が残念でした。この冬一番期待していたのですが、ほとんど期待に違わぬなかなかの出来だったと思い ます。

ということで、最後はおどろおどろの音楽もなく明るく終わったわけですが、大きな謎が結局回収されていませんね。そう、夢の白ナル です。まぁ、麻衣の夢だからと考えれば、それでもいいのですが、原作の小説では種明かしがされているので、そこまでやってほしかったなぁ。

ま あ、マンガではまだ書かれていないので、できなかったのかもしれません。そうすると、OVAや映画というのもあっても相当に先ということになってしまいま すね。

もう直に出るはずのマンガ版を楽しみに待って、我慢することにしましょう。

[言及リンク]
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-692.html
http://blog.livedoor.jp/darth_mayuge/archives/50834105.html
http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-641.html
http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-entry-615.html