Xvtrrd6d がくえんゆーとぴあ まなびストレート!「桜色の未来たち」です。

最終回見ました。どうまとめるんだろうと思っていましたが、学生生活という意味では、本当に「まっすぐGO!」とストレートな終わり方でした。

ちょっと感動した最終回の記事行きます。

あらすじ:
学園祭も終わり、季節は流れます。そして聖桜学園に、学園の名前の通りに桜が咲き乱れる季節となりました。

聖桜学園は、合併も企業体としてのものだけになり、学校運営は以前のままになりました。

そして、まなびちゃんたち第82期の生徒会メンバーも卒業を迎え、各自が新しい道へと進んでいきます。

ももちゃんは、専門学校へ。
むっちーは、ソフトボールの実業団チームへ。
めぇ〜ちゃんは、大学へ。
まなびちゃんは、フリーターで色々仕事をやるようです。
そしてみかんちゃんは、きらきらを探しにアメリカへ留学です。

卒業式も無事終わり、生徒会のメンバーは84期の送別会をぶっちして反省会。そんな中みかんちゃんは寂しくて泣きだしますが、みんなに励まされ立ち直ります。

そして、みかんちゃんの旅立ちを迎えます。心細げに出発ゲートへ向かうみかんちゃんですが、その背中に4人の声が。
みかんちゃんもすっかり立ち直り、まっすぐGO!と出発します。

それから1年5ヶ月後、5人は再び再会します。

感想:
いや〜そうきましたかって感じですね。

このアニメ自体、「まなびストレート」とは言いながら、ずっとモノローグはみかんちゃんのみに限定されており、みかんちゃん視点で構成されていたと言っていいお話でした。
そういう意味では、冒頭のシーンを第1話とかぶせたりして、みかんちゃんを中心としたラストを構成するのは、真っ当ですね。

考えてみれば、まなびちゃんには、ずっと迷いがなくまっすぐ進んでいたのですよね。壁にはぶつかっていましたが。
迷いがあったのは、みかんちゃんであり、彼女の成長物語と見ることもできます。そういう意味でも、飛行場で振り返らずに笑顔で旅立ったシーンは、そのあとの飛行機内でのシーンと併せて、彼女の成長が見えてなかなかよかったです。

で、論議がありそうなのが、ラストのシーンですね。あのペインティングのラストは、オープニングが私服だったことから考えて、最初から考えてあったのだとは思います。でも見様によっては、オープニングにクレームがついたので、その対応として採った演出にも見えます。そういう意味では、単純に旅立ちと再開でよかった気もします。

と、批評家ぶっても仕方なく、単純に飛行場での別れのシーンには感動してうるうる来てしまいました。色々変な邪推をせずに、単純にまっすぐGO!と見て楽しむのが一番いい気がします。

ということで、OVAでは、この卒業までの間の補完があるのでしょうか?それも楽しみですね。

[言及リンク]
http://aniima.blog62.fc2.com/blog-entry-336.html