6olqig2k がくえんゆーとぴあ まなびストレート!「わたしにもみえるよ」です。

いよいよ、学園祭ですね。
まなびちゃんたちが、待ちに待っていただけ合って、どういうように見せるのか、ちょっと楽しみだったのですが。
さていかがだったでしょうか?


あらすじ:
規定の署名が集まり、愛洸のチェックを受けながらではあるが、学園祭の準備が進みます。

そして、すべての準備がつつがなく終わり、学園祭を翌日に控えた夜、学校に残って祭の前日の雰囲気を楽しみます。

そして、いよいよ学園祭が始まります。

しかし、学園祭の実行委員であるまなびちゃん、みかんちゃん、めえ〜ちゃんは、新生徒会室の机で待機です。

学園祭を見に行きたいまなびちゃんですが、実働部隊はむっちー。しかし、むっちー一人で手が回るわけはなく、校門での騒動を納めたのは、まなびちゃんのお兄さん武文くんでした。

武文がやってきたのは、愛洸理事長とのデートが目的。それが面白くないまなびちゃんですが、たかちゃんに諭され、ひとまず落着です。

学園祭を回れないまなびちゃんは不満げですが、たかちゃんに、目を閉じて学園祭をイメージするように教えられます。でも実は、それはまなびちゃんがたかちゃんに教えたこと。そう言って、たかちゃんはまなびちゃんに感謝します。

学園祭を回る愛洸理事長は、少子化の時代の学園祭というのを難しく考えすぎた、学生の純粋に何かに一生懸命になれるそれが重要だったと言います。

学園祭も残りがわずかになり、学園長としもじー先生の好意で、まなびちゃんたちも学園祭を回ります。
通り掛かった、ライブ会場でまなびちゃんは、みんなに乗せられて、一曲歌います。選んだ曲はもちろん聖桜学園の校歌。

この演出を仕掛けたのはももちゃんでした。そして、歌の最後に花火が打ち上がり、フィナーレを迎えます。

感想:
学園祭、学園祭で騒いできたので、どんな演出をするのかなと思っていましたが、まなびちゃんたち自身は、学園祭に参加しないという演出でした。

まぁ、考えてみると、確かに実行委員はそんなに参加できないのですが、それでも、藍麦のときは交代で回れたぞ。
なんてことは置いておいて、どんな催し物を見せても、今までの展開からすると物足りない感じがしたと思うので、この演出は上手いですね。

あと良かったのが、学校のバッチを来校者に配っていたところ。生徒たちの心境の変化が見えました。

で、まなびちゃんが校歌を歌うのは、ももちゃんの放送ジャックのときに校歌のシーンが流れなかったので、ある程度は予想していました。それが、ライブシーンになるとは思いませんでしたが(汗)。

たぶん巷では、ハルヒのライブと比較してのあれこれが出てくるとは思いますが、まぁ意識するなという方が無理でしょうね。善きにつけ悪しきにつけ、ハルヒの「ライブアライブ」が学園祭でのライブシーンのトップに立ってしまったので、必ず比較されますよね。動きが少ないとダメだしされ、書き込みを多くすると真似だと言われとなるでしょう。作る方もきっとそうでしょう。

で、今回ですが、飛んだり跳ねたりで違いを見せようとしたのはちょっと意識しすぎかなと感じました。校歌なのと今までのまなびちゃんからすると、もっと普通に歌うだけで良かったかなって感じです。

ということで、学園祭も終わり後はグランドフィナーレですね。
どう締めるのか楽しみです。

ということで、次週もまっすぐGO!

[言及リンク]
http://dfpmblog.blog53.fc2.com/blog-entry-354.html