Wcmz7wrd ゴーストハント:FILE8「呪いの家」#2です。

2クール続いたゴーストハントも、今回を入れて残りあと3話。原作の量から言ってこれぐらいなのでしょうが、寂しいものがあります。
SPRのメンバーの活躍を目に焼き付けておきましょう(涙)。

l

あらすじ:
ナルが憑依された翌日、真砂子とジョンが到着する。リンの式で禁じられたナルを見て、真砂子は空虚な霊が憑いているよう だが、正体は分からないという。

ナルを除くSPRメンバーは、昨夜の記録を確認する。カメラには、麻衣が夢で見たような霊姿が映し出され ていた。
昨夜見た夢が、予知夢であることを確信した麻衣は、部屋を訪れた彰文に、夢の風景が存在するということを確認する。

ぼー さんをリーダーに、SPRのメンバーは、家の近辺を探索する。
洞窟が確認できる岬の先には、5つの墓石のような石があった。また、岬の先の海に は、注連縄が掛けられた、雄瘤、雌瘤という岩があった。その岩には、貴族に偽の手紙でだまされ心中した漁師と姫という、麻衣が夢で見た通りの伝承があっ た。夢はこれを知らせていたのか。

また、その近くには、神社があった。ひょんなことから、綾子はどうやら神社の娘でないことが判明する。
そ してそこには、岬と同様に3つの墓石のような石があった。この石は三六塚といい、その名前から岬の石は本当は6つあり、一つ紛失してしまったのではないか と言われているらしい。

この場を真砂子は、良い感じも悪い感じもしない、まるでアメリカインディアンの霊場のようだと言う。夢でナルが霊 が集う場所だと言っていたことと共通する。

ぼーさんは、洞窟を見ることにし回り込んで降りていく。そこはやはり霊場のような感じで、今も 霊が流れ込んでいると真砂子は言う。

そして洞窟の奥にある祠には、「おこぶさま」と呼ばれる流木が祀られていた。ぼーさんは、それを海か らくるものを神格化する信仰物えびすだと見抜く。そして、えびすに何かを感じたぼーさんは、観測機材を洞窟に設置する。

探索からもどり一 息ついたところに、靖高が手首を切るという騒ぎが起こる。驚く麻衣だが、和歌子と克己が靖高の生存を知り残念がるのを目撃しさらに唖然とする。

靖 高は、何者かに家族を殺すように命令されるのに耐えきれず自殺しようとしたと語るが、ぼーさんは、ナルの憑依霊が抜けていないことから、別の霊が着憑いた のだと語る。霊は一つではない。

ぼーさんは、護符を全員に配るように指示するが、麻衣が渡そうとする護符をなぜか陽子は拒否する。そし て、陽子だけでなく、和歌子と克己も嫌がり逃げ出してしまう。

和歌子と克己の姿を見て一計を案じた麻衣は、靖高が死んだと告げる。彼ら は、それを喜び立ち止まり、彰文が車に乗ったのかと語る。
その隙に麻衣は、二人を捕まえて護符を渡そうとするが、克己に逃げられる。

克 己の憑依霊は、同胞に裏切られ首を切られた恨みを晴らすと語り、海に飛び込もうとする。その克己を麻衣は早九字を切り止める。

車の細工は 見つかり、事件は事前にくい止められた。そして子供たちは、憑き物が落ちた状態となり護符を持たされる。

それを知った陽子は、護符を子供 たちから剥がすように騒ぎ始める。

感想:
エピソードが上手くつなぎ合わされているので、なかなか省略できず、あら すじが長くなってしまいました。う〜ん、疲れた(汗)。

今週も上手くエピソードの順番を入れ換えて、話を組み合わせて原作を切り詰めてい ます。でも、岬の麻衣と真砂子の会話は楽しいので、入れてほしかった。

ナルがいないと、自然とぼーさんがリーダーになりますね。という か、ぼーさんリーダーで十分上手くやれるのではないかな(笑)。
普段は、ぼーさんがナルをたてているのでないかという疑惑まで沸いてきます ね。(ほんじゃまず着替えてきますわ、黒服に(笑))

それはさておき、綾子のエピソードは省略されずに入っていますね。まぁ、半分この話 は綾子が主役ですからね。

で、2話で2巻の途中まで来ました。次週から、各メンバーそれぞれの見せ場が始まりますね。まずはジョンです か?

とういことで、次週が楽しみです。
[言及リンク]
http://aaillnv.blog16.fc2.com/blog-entry-620.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-101.html
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/blog-entry-667.htm