ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu!「ふたごVSビビン☆最後の対決!」です。
Oe_7vh2x
いよいよ大詰めですね。

ふたご姫とビビンちゃんの最後の対決、余計なコメントはなしにして、さっさと中身に行きますか。
2年の集大成も近づいて出血サービス力入っています。

ちちんブイブイ。


あらすじ:
ブラック学園長先生を操っていたのは、胸のペンダントのブラッククリスタルキングでした。ブラッククリスタルキングは、全宇宙の支配を目指し、グランドユニバーサルプリンセスを排除しようとソレイユベルを次の標的にするのでした。

ブラック学園長先生がソレイユベルに近づくために選んだ手段とは、ロイヤルワンダー学園と姉妹校になること。
そして、ロイヤルワンダー学園では、姉妹校提携のお祝いに、盛大なパーティが開かれることになります。

レインちゃんファインちゃんとお友達になりたいという気持ちもくすぶっているビビンちゃんですが、憧れの学園長先生の命令には逆らえません。

でも、ふた姫たちとパーティの準備をするビビンちゃんは、本当に楽しそう。
Ymsjxddw
そんな間に、エドちんがソレイユベルを見つけます。迷うビビンちゃんですが、アンハッピーの種を植えつけてしまいます。

そして、パーティ。ソレイユベルも壇上に飾られています。みんな本当に楽しそうです。パーティが盛り上がるに従って、ハッピーもMAXに。

ついにアンハッピーの種から芽が出ます。ビビンちゃんもいつもの悪者モードに戻ります。
ブラック学園長先生の指示に従うように、アンハッピーの種は生徒たちを直接捕獲して、ハッピーを吸い上げます。
J4izwllz
あまりの非道にビビンちゃんも学園長先生に、やめるようにお願いをしますが、ブラッククリスタルキングに操られる学園長先生には通用しません。

ふた姫はグランドユニバーサルプリンセスに変身して戦いますが、トモダチを捕まえられていては、力を出し切れません。逆に襲われてピンチになります。

「みんなとトモダチになりたい!」


そんなふた姫のピンチを救ったのは、ビビンちゃんでした。ふた姫とビビンちゃんは協力して魔法で生徒たちを救い出します。

ブラッククリスタルキングは、ブラック学園長先生にビビンちゃんに制裁を加えるように命じますが、ビビンちゃんのトモダチになりたいという言葉で正気に戻った学園長先生は抵抗します。

その隙を突いて、ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力でアンハッピーの種を退けるのでした。ビビンちゃんの魔法のステッキも壊れてしまいました。

ブラッククリスタルキングの力から解放されたブラック学園長先生は、すべてをふた姫に説明します。そして、ビビンちゃんは、ふた姫と本当にトモダチになれたのでした。

感想:
作画は、作画陣にばらつきはありましたが綺麗で良かったです。

この後に及んで、ラスボス「ブラッククリスタルキング」が唐突に登場です。先週の続きで、ふた姫がビビンちゃんを怪しんで追及して全面対決という流れを予想していたのですが、いきなり分かりやすく展開しました。
考えてみれば、そこでトモダチ候補のビビンちゃんを怪しまないからふた姫なんでしょうが。

ところで、ブラッククリスタルキングって、名前からいっても1期の宇宙に追放されたブラッククリスタルですよね。1期に繋がるわけですね。ということは、ひょっとしてラストはふしぎ星に戻るのでしょうか。

あと、残された謎のロイヤルワンダー学園長とスワン姫をどう組み込んでくるか見どころですね。

妄想的な予想ですが、ロイヤルワンダー学園長は実はおひさまの国のトゥルース国王ではないのでしょうか?

ブラッククリスタルキングがロイヤルワンダー学園に迫るところで終わっていますが、ふた姫がピンチに陥ったところで、ふしぎ星からトゥルース国王が助けに来る。そして、自分とスワン姫の仲を裂いたのがブラッククリスタルキングだと気付いたエドちんも味方になり、最後はグランドユニバーサルプリンセスの力で、って感じですかね。
Bwgnkxyr

ところで、フォークねた。変身ものでは必ずやりたくなるんでしょうか。
ウルトラマン世代のトラウマでしょうか(苦笑)。

これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

[言及リンク]
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/23bd5c37b4