Zcozgmo9 「EREMENTAR GERAD(エレメンタル・ジェレイド) XII」東まゆみ
BLAD COMICS/マッグガーデン ISBN:4-86127-350-1

表紙画像は限定版です。表紙はロンブルくんですね。なかなかのキャラだったのに勿体ない(笑)。
今回は、蒼空の戦旗と同時発売です。嬉しい限りですね。
ところで、どうして限定版の缶バッチにシスカ先輩がないですか?クーなんていらないのに(爆)。

あらすじ:
ナッド=リーゼンからエディルガーデンに向かう方法がなく、足止めを余儀なくされるクーたち。レンやシスカ先輩と分かれ渡航手段を探すクーは、古い飛行艇を発見する。

飛行艇の持ち主ボッカに頼み込むクーだったが、飛行艇は、飛漂石がないため飛ぶことができない。

かくして、クーとシスカ先輩は、政府の飛漂石加工工場に忍び込むことにする。加工工場に待ち受けていたのは、擬煌珠(フィロ)たちだった。

激しい(一方的な?)戦いの末、飛漂石を手に入れたクーとシスカ先輩だが、戦いの最中にバラバラになってしまう。
一人になったシスカ先輩が街で出会った少女は...。

感想:
やっぱり、12巻は「武力行使[E:heart]」につきますね(違)。
あと11巻に続いてのシスカ先輩のコスプレ、素敵です(本気)。

<以下、本の中身に言及している部分があります。ネタバレにはならないようにしますが、未読の方はご注意を>


ところで、飛行艇はユーシュテが核石(エレメンタルジェレイド)と交換で守ったわけですが、核石って採られると死ぬんではなかったのでしょうか?それともそれは、擬煌珠(フィアズーフ=エクリロール、フィロ)だけの仕様ですか?

ところで、あのパール(パーティン=セルス)は、誰に仕えて(
?)いるんでしょうね。気になります。

そもそも、紅のエレメンタルジェレイドの2年後の蒼空の戦旗では、エディルガーデンの力が増しているように思えるのですが、今後ジークフォーゲルも跋扈する世界になるということは、クーやレンに何があったのでしょうか。

次回位には、エディルガーデンに向かいそうな感じですが、ひょっとして、エディルガーデンに行かず紅山猫(レッドリンクス)と合流することで、蒼空の戦旗の世界と交わるとか。

う〜ん、今回が中合い気味だったので、次回が待ち遠しいです。