Yqn1prxb ふしぎ星の☆ふたご姫「涙の別れ☆解散!?チームセレブ」です。

4クールだとすると、残りもあと7話。
いよいよ大詰めが近づいてきて、登場人物それぞれに幸せを与えて回る展開のようです。

今週は、シャシャとカーラの番ですね。

あらすじ:
エリザベータ様は、ファンゴくんと仲良くなれて有頂天です。でも、シャシャちゃんとカーラちゃんは、エリザベータ様がファンゴくんと仲良くするのが気に入らず、口を挟んでエリザベータ様に叱られてしまいます。

ビビンちゃんは、浮かれるエリザベータ様を狙おうと考えますが、突如現れたブラック学園長は、エリザベータ様に叱られて落ち込むシャシャちゃんとカーラちゃんを狙えと言います。

エリザベータ様は、学園ほのぼのニュースでレインちゃんファインちゃんが、バレンタインの後はお茶会で仲良くなろうと言ったのを聞いて、お茶会の準備に余念がありません。でも料理のできないエリザベータ様、大丈夫かなぁ。

ビビンちゃんは、ブラック学園長に口答えをして叱られます。昔、トモダチをたくさん作って学園No.1になろうとしたビビンちゃんに悪の道を勧めたのがブラック学園長だったのです。ビビンちゃんは、ブラック学園長に憧れて、悪の道を邁進して行ったのでした。

エリザベータ様に嫌われたと思い落ち込むシャシャちゃんとカーラちゃんは、ファインちゃんにエリザベータ様と出会った思い出を話します。そのきっかけが今も大事に持っているおはじきでした。シャシャちゃんとカーラちゃんは、エリザベータ様の大事なトモダチとして、彼女を支えていたのです。

準備ができたエリザベータ様の元に、レインちゃんがファンゴくんを引きずり込み、お茶会の始まりです。
やっぱり料理のできないエリザベータ様のお茶は渋いし、ケーキはかすかすでしたが、ファンゴくんはおいしいと言って食べます。

しかし、お茶のまずさを知ったエリザベータ様は、哀しくなって涙をこぼします。それを見たシャシャちゃんとカーラちゃんは、ファンゴくんが彼女を泣かせたと詰め寄ります。でも、エリザベータ様が止めに入ります。エリザベータ様もずっとシャシャちゃんとカーラちゃんを大事なトモダチだと思っていたのです。

エリザベータ様とシャシャちゃん、カーラちゃんが仲直りしてハッピーになったチャンスを見逃さず、ビビンちゃんはアンハッピーの種を蒔きます。

シャシャちゃんとカーラちゃんを救おうとするエリザベータ様とファンゴくん。特にエリザベータ様は運動が苦手で大変そうです。
でも大丈夫。大丈夫。ふた姫がグランドユニバーサルプリンセスの力で助けるのでした。

ビビンちゃんは、作戦が失敗したのですが、どうしてかほっとしている自分に気づきます。
でも、ブラック学園長は、ふた姫をこのままにしておけないと決意したようです。どうするレインちゃん、ファインちゃん?

感想:
前回がもうGyu!の中でも1、2を争う出来だったので、今回はどうだろかと心配していましたが、いいお話でした。

絵的には、藍麦の好みではなかったのですが、崩れてはいないので突っ込みは不要でしょう。

エドワルド編で落ち込んでいた内容もビビンちゃん編に入ってずいぶん持ち直していましたが、年末以降はスマッシュヒットの連続ですね。プリキュアの最後がぐだぐだとやっていたのと違い、子ども向けのポイントを抑えながらストーリーを進める、見事です。
本当に終わるの?寂しいなぁ。

さて、そのストーリーですが、以前ねねむ唐象さんが、ブラック学園長はおそらく呪われているスワンさんではないかと鋭い指摘をされていましたが、ますます当たっている気がしてきました。
入学したてのビビンちゃんを見る目が、ビビンちゃんの学園トモダチ化計画を語るキラキラした目を見て変化していくところなど、まさに呪われているって感じでしたし。

ところで、ビビンちゃんですが、どうも学園長に利用されいる気がします。一番になるという目標をビビンちゃんが達成してハッピーになった瞬間を狙っているのではないでしょうか?彼女の目を見て、最高の実を収穫できる素材だと気付いたのではないでしょうか。

と、いつになくふた姫でまじめに考察を書いてしまいました。

ということで、次回はブライトさまですか〜。登場人物の整理もついに無印メンバーに入ったのでしょうか。
とはいえ、ブライトさまといえば青の人の独壇場ですね。思いっきり暴走してくれることを期待しています。楽しみ〜。

ということで、これも宇宙の授けた光の答え、次週が楽しみです。

[言及リンク]
http://www.tibigame.net/anime/2007/02/_gyu_46.html