Fbl6otq1 ゴーストハント:FILE3「放課後の呪者」#1です。

湯浅高校って本当になかったっけ?
って思ったのですが、和歌山の湯浅町にあったのは耐久高校ですね。
湯浅中学校はあるけれど、高校はなしと。
どうでもいい話でした。さて、感想感想。


あらすじ:
「渋谷サイキックリサーチ」通称SPRに今回持ち込まれた事件は、私立湯浅高校で連続して発生する怪異だ。

SPR は、学校に赴き学生たちの相談を受ける。
コックリさんにとりつかれた少女、連続して電車に喰われる席、砲丸が勝手に並べられる陸上部部室などな ど。膨大な数の相談がもたらされた。

あまりにも数が多い相談に、ナルはいぶかしむ。そこへ新しい事実がもたらされた。

そ れは「カサイ・パニック」。PKを持った少女笠井が先生たちに責められて、「呪ってやる」と叫んだ後からこの怪異が始まったというのだ。

笠 井に会いに行くナルと麻衣。するとそこには、彼女を庇う「産砂 恵」という先生がいた。笠井を落ち着けるために、ナルはスプーン曲げを行い、彼女を安心さ せた。

学校の調査を進めるSPRだが、真砂子は学校には霊はいないという。SPRのメンバー間でも見解が割れるが、とりあえず調査を続け ることになる。

一人ベースで留守番をする麻衣は、学校に灯る鬼火を目撃する。これは夢?

感想:
こ の話、エピソード的には2話で十分じゃないかなぁ。それで、クリスマス前には、1話完結で漫画オリジナルの「サイレント・クリスマス」をやると。

と ころで、この話は後味が悪いんですよね。怖くはないですが、気をつけて見た方がいいです。

でも、あれですね。ナルたちのオカルトうんちく がかなり省略されています。残念だなぁ。あれ好きなのに。

それはさておき、キャラがこなれてきて、SPRの各面々が自分の役割りをうまく こなすようになっていますね。真砂子がいい味を出しています。そのためか、テンポも良くなって、話の不自然さが減っている感じです。

以下#2以降の若干のネタバレがあります。

完 全なネタバラしはしませんのでご安心を。

前シリーズのFILE2の最後に、ナルが陰陽師であるようなシーンがあったと思いますが、あれは伏線です。

ゴーストハントのblogを渡っていると、あちこちでナルが陰陽師でうれしいなんてことが書かれていますが、次週を見てどういう感想を書かれるか楽しみです(笑)。

後出しジャンケンはいやなので、書いておきました(汗)。

ということで、次週も楽 しみですね。