BLOOD+「あした天気になあれ」です。

パソコン録画に失敗したので、あらすじは他の良心的blogの皆様方にお任せするとして、感想だけで行きます。
でも、どうしてこの末期にCMアイキャッチが変わった?刃物に対してのクレームか?

感想:
いつの間にか、ディーヴァから子供が取り出されていました。画面だけを見ていると、まだ繭状のようで、人間形態をしているのか翼手形態なのかなど不明ですが、最後のキーになりそうですね。

というのも、ディーヴァ軍と小夜軍の戦力の差です。
ディーヴァ軍には、シュバリエたちとコープスコーズ、おまけにディーヴァ本人が揃っています。でも、小夜軍は、シフたちも倒れ、今週頼みのソロモン王子が戦闘不能状態に成り下がっています。今まででも圧倒的に劣勢だったのに、普通に考えると勝てる通りがありません。

すると、逆転の要素として考えられるのがこんなところ。
�「D-塩基の暴走」
今週明らかになった世界翼手化作戦がディーヴァ軍の思うように行かず、逆にディーヴァ軍に不利に働く。つまり、コープスコーズや新しく翼手になった面々がディーヴァ軍に逆らうというもの。
でも、戦闘力が違いすぎるからなぁ。
�「内乱」
既に、ソロモン王子が逆らっていますが、ディーヴァの相手にはならなかったようで。
でも、ネイサンとアンシェルの対立もありこのパターンはありそう。ソロモン王子もまだ死んでいませんし。
そして忘れてならないのは、母から裏切られたジェイムスですね。ディーヴァがジェイムスに刺されるのはありそう。
�「子供の叛乱」
小夜とディーヴァが産まれたときに、母親は死んでいたのですよね。しかも、翼手の組織を見ていると女王を頂点とするピラミッドです。ならば、新しい女王ができれば、古い女王は不要になるわけです。
そこで、子供に刺されるというパターンもあるのではないかと。

どちらにしろ、小夜にディーヴァが倒される姿は想像しにくいです。今週ソロモン王子を倒したディーヴァやネイサンの力はまだ見えていませんし。

まぁ、あと4週あるので、カイにラブコメやらせる暇がなるのなら、彼らにも活躍の場をあたえてくださいな。