BLOOD+「光の中に」です。

お盆期間の臨時興業。
感想だけで行きます。
とりあえず書いておかないと、明日に響きそうですから(汗)。

ということで、いつものように芸のない脚本で、いきなり各blogで疑問視されていた、ディーヴァの双子がなぜ1年以上もお腹にいるのかが、翼手だからで解決されてしまいました。もう少し、何かできるでしょうという感じですが、この後にさらなる謎解きがあることを期待してここでは不問。

今回のメインは、ニューヨーク編で置いてきぼりにされていたシフたち。
カイの説得と行動により、人間と共存して生きたいと思うモーゼスとルルゥと、あくまでも独自路線を選ぶカルマンの対立が軸でしたが、カルマンの首元にあらわれたソーンをきっかけにどうやらシフたちは、カイたちを裏切るようです。

藍麦は、生きていた証を残したいという考えは非常に理解できますし、やはりシフが一番気になっているようです。

次回は、そのシフたちが辛い目に合いそうでいやなのですが、どうにか一人でもいいので生き残って欲しいです。