BLOOD+「シュヴァリエの見る夢」です。

ということで、BLOOD+の録画にも失敗したのと、三連休で大幅出遅れなので、簡単に行きます。

あらすじ:
ニューヨークに渡ったディーヴァを追って、小夜たちもニューヨークに来ていた。
先週に引き続きまどろむ小夜。ハジは、束の間の休息ということで、小夜をそっとしておいてやっている。

一方、ディーヴァは、相も変わらずのはずだが、どこか気分が高揚している様子。小夜との最終決戦が近いのを知っているためか、それともソロモンの裏切りを知ったためか。

そのソロモンは、自分の立場を明確にするために、ディーヴァの元を訪れる。そして、自分が小夜を殺せないことをディーヴァに告げる。

それをソロモンの裏切りと取ったアンシェルは、ソロモンと闘うが、最終的には彼を見逃す。

感想:
うう〜ん、先週と今週で合わせて1回で十分じゃない?なんだか間延びしていますね。

それはさておき、ソロモンがやっときちんとディーヴァと袂を分かちました。黒いスーツは、決意の現れなのでしょうか?今後は黒スーツで通すのでしょうかね。少し噂になっていた、早期の退場はなさそうで、良かったです。やはり、彼が王子様ですからね(笑)。

それはそうと、ジェイムズはまだ生きているようですね。どうも、余計な登場人物が多すぎるので、生きている必要性を感じないのですが、まぁディーヴァ側のやられキャラも必要でしょうから(汗)。

ニューヨーク編のスタートですが、とりあえずそれほど悪い出来でもなかったので、ひとまずは安心です。あとは、きちんと畳んでくれることを期待していますが、次週は真央ですか?どうでもいいキャラだと思うので、そんなのに時間を取って横に広げるのではなく、もっとストーリーに深みを与えてほしいなぁ。