Acsi1rn7 「ARIA」8 天野 こずえ
BLADE COMICS ISBN:4-86127-224-6

すっかり忘れていましたが、アニメの第2シリーズも決まった、ARIAの8巻です。おかげさまで、限定版を買えませんでした。先週なら買えたようですが、残念でした。(涙)

今回の表紙は、水の三大妖精のどじっ娘アテナさんです。

ということで、寒い冬ですが夏真っ盛りの8巻(AQUAから数えると10巻ですね)の感想です。
ARIAは基本的に読み切り連載なので、各話ごとにいきます。

Navigation 36 ゴンドラ
灯里ちゃんがずっと使っていたゴンドラが傷み、新しく買い換えることになります。灯里ちゃんは、自分の成長を見守ってくれたゴンドラとお別れをするために、思い出の場所を巡ります。

って、それだけの話なんですよね。でも、すごくいいです。藍麦的には、この巻のベストエピソードかな。ARIAは、台詞が少ないほどいい話になるというのが、藍麦の分析です。(嘘)

Navigation 37 記憶喪失
水の三大妖精の一人アテナさんが記憶喪失になってしまいます。アリスちゃんは、心配するのですがアテナさんはアリスちゃんの名前を思い出せません。

ということで、アテナさんの話というか、オレンジプラネットの二人のお話ですね。いい話だと思うのですが、背景の書き込みが少ない気がします。残念。

Special Navigation 女心
今日は、猫社長さんたちの一大イベント「定期検診」の日です。

いや〜、このオチにはびっくりしました。(汗)

Navigation 38 墓地の島
夏の暑い日、灯里ちゃんは、サン・マルコ広場で喪服をしっかりと着込んだ女性を見かけます。気になる灯里ちゃんは、藍華ちゃんから、怖い噂を聞きます。

テレビアニメではほとんどなかった、宮沢賢治風の話です。ARIAのもう一面を飾る話ですね。
ケット・シーが出てくるカットは、この巻のNo.1カットでしょう。

Navigation 39 秘密の場所
灯里ちゃんには、誰にも秘密のお気に入りの場所があります。でもそんな場所に、暁さんが現れて...

うん、何もない、本当に何もない話です。でも、暁さんとの会話で進むだけに、今一つかな。

Navigation 40 送り火
夏の終わりのお祭りです。アリスちゃんは、嬉しくもあり、さみしくもあります。

アリスちゃんのお話です。扉絵はいいのですが、ちょっと全体に絵が荒れているかな?といっても、水準が高いので許せます。浴衣姿はやっぱり髪アップということで、灯里ちゃんが一番似合うかな。藍華ちゃんの黒髪も浴衣に合いそうなのですが、ちょっと柄が重すぎるかな。って何の話やら。(汗)

とにかく、アニメの第2シリーズが、でっかい楽しみです。
(でもやっぱり、マンガの方がすきだな。(汗))