120101Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episod9「おはよう、金星の女神」

今期取り急ぎ感想を書いておこうというのが、『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』です。

『Fate/Grand Order』としては、過去に『Fate/Grand Order -First Order-』として、ゲーム本編の序盤の出来事を一度映像化しています。また、『Fate/Grand Order -MOONLIGHT/LOSTROOM-』として、ゲームの第2部の序盤を映像化しています。

この『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』は、ゲームの第1部のシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」をベースにしたもののようです。人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、七つの特異点を復旧するために六つの時代と地域を旅してきたのですが、今回は、その最後の特異点のお話しになります。

先週の8話では、魔獣の女神との決戦になりました。
そして、その強大な力に苦戦する中、牛若丸とレオニダス一世が宝具を使って敢然と立ち向かうという非常に熱い展開でした
魔獣の女神の正体は判明し、ひとまず一矢報い得たのかどうかわからない状態ですが、牛若丸を拉致されはしましたが、一旦は退けることに成功した感じでしょうか。それが偽エルキドゥというかキングゥの力だとしても。

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- 第9話「おはよう、金星の女神」感想書いておきます。
今頃になって、原作のスマホゲームはじめました。

120103あらすじ:公式から引用

牛若丸とレオニダス一世を失った藤丸たち。
ジグラッドに帰還した一行から報告を受けたギルガメッシュは、ゴルゴーンに対抗するには三女神を順に攻略していくことが必要だとし、まずはイシュタルを仲間にしてくるよう藤丸に命じる。
ギルガメッシュに与えられた“秘策”を持って、藤丸たちはイシュタルの神殿に向かうのだった。


感想:
Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 9「おはよう、金星の女神」です。

120104今週は、牛若丸とレオニダス一世を失った藤丸たちが、ジグラッドに帰還するところから始まりました。そこでギルガメッシュがイシュタルを仲間にするように言われて、行動に移すのですがというところですね。
しかし、ギルガメッシュが藤丸たちに与えた秘策が、非常に面白かったです。いやイシュタルといいますか、遠坂凛から脈々と続くキャラクターの性格と言いますかが、面白かったという感じでしょうか。

結局は、三女神を攻略するための切り札といいますか、切っ掛けのイシュタルを仲間にすることは成功したのですが、どうも最後の藤丸とイシュタルとの会話を聞いていると、それは単純ではなさそうな感じがしますね。実際、金髪のイシュタルの存在もありますし。

アナちゃんが恐らくは最後のカギなんでしょうから、そこへ至る展開ということからしますと、この次は、森の女神といいますかジャガーマンの攻略なんでしょうか?