ehshell 2019-09-04 19-58-07-14戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話「I am a father」です。


すっかり感想を書くのが遅れていますが、『戦姫絶唱シンフォギアXV』です。今週からは、もっと早く書けそうな予感だったのですが、ちょっと病気でダウンしちゃいました。


この『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズも無印→G→GX→AXZ→と五期目です。そして、構成的には、AXZとセットになるものです。

一応この五期で、シンフォギアシリーズも最後ということですが、どうなんでしょうね。


このシリーズも長いですが、どういう物語りかと聞かれれば、少女たちがシンフォギアシステムという武器を纏い戦う戦闘アニメということになりますかね。その『戦姫絶唱シンフォギア』の基本だけ抑えてお けば、このアニメは大丈夫でしょう。

もちろん、戦いの中で歌うことで能力を発揮し、最も能力を高める歌を「絶唱」と呼ぶということも重要ですが、それは見ていれば分かるという感じで、基本は正義のために闘って闘って闘い抜くアニメですね。


先週の第8話は、ひとまず、ノーブルレッドとの決戦を迎えたという感じでした。

絶唱とフォニックゲインの相乗効果で敵を打ち破ろうとしますが、そこで期待したチフォージュ・シャトーの力を使えなかったのですが、キャロルちゃんのフォニックゲインの力で時間を稼ぎ、響ちゃんの復活で敵を打ち破ります。

しかし、目的の未来ちゃん救出とはならず、神と名乗りシンフォギアメンバーの前に立ちふさがりました。


ということで、戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話「I am a father」感想行きます。

オリジナルなので、事前情報はあまり持っていませんが、一期~四期と感想を書いています。今までの感想は、ここを遡って下さい。


あらすじ:公式から引用

 

伸ばした手もむなしく、遠ざかる紫影に向かって親友の名を叫ぶ響。
陽だまりはここに踏み躙られ、物語は約束された残酷に向かって加速しはじめる。

自らを人が仰ぐべき神と称するは、小日向 未来と交じり合って顕現したシェム・ハである。

空の忌々しきを見やるその超然も束の間に、苦悶に表情を歪め、喘きだすシェム・ハ。
それは、「器」が人間である以上、避けられぬ間隙に抉りこんだ風鳴 訃堂の外道策。
神を繋ぎ止めるベく用意された拘束具「神獣鏡のファウストローブ」が依り代の神経を掻き乱す。

さらに、起動した刻印に突き動かされた翼は、動けぬシェム・ハを抱えて戦線を離脱。
段階という悠長もなく、蜘蛛の巣と巡らされた訃堂の計画は一気呵成に収束していくのであった。


アマルガムの無許可使用により謹慎処分となった響は、傷心に彷徨った果てに洸の元を訪れる。
激動に崩れゆく響の日常であったが、洸は洸のままであり、だからこそ響を慰撫していく。


本性を現した風鳴機関であったが、動きを事前察知していた八紘の手腕にて、包囲網が急展開する。
訃堂を追い詰めるは、かつてに訃堂が無理強いした護国災害派遣法違反を用いた強制執行。
逆転を試みて風鳴本邸に急行するS.O.N.G.と日本政府。だがそこはすでに万魔殿(パンデモニウム)と化していた。


ehshell 2019-09-04 20-00-45-17感想:

戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 09「I am a father」です。


今週は、サブタイトル通りに父親という部分にスポットをあてた回でした。

まずは風鳴一家について。
翼の父親代わりの訃堂との確執。ここは、最初は、訃堂の精神操作が効いていて、翼がS.O.N.G.の敵として立ちはだかります。そこは、マリアさんの言葉でその鎖から解き放たれます。いいシーンだったのですが、そこはジェットコースターアニメのシンフォギア、一切の余韻を与えずに、訃堂の謎パンチが飛んできます。

それと並行して、訃堂と弦十郎親子の闘い。もう分かってはいるんですが、このオトナたちは、尋常ではないですね。妙に作画がすごかったのが、ちょっと笑えました。

として、訃堂と八紘親子と八紘、翼親子。
最近はどうも親子らしいシーンがなかった八紘、翼親子ですが、最後(?)に見事にいいし品となっていました。

そして、最後に訃堂と弦十郎と翼との絡みですが、あれで完全に訃堂は折れたんですかね?
最後までラスボスで行くかとも思われたのですが。

もう一つおまけ的に響ちゃん親子。こちらは、箸休めエピソード的な感じでしょうか。

一方、先週破れて訃堂からも見限られたようなノーブルレッドですが、今週はもっと大変な状態になってしまいました。ただ、未来ちゃんを解放するというか、野に放つ役割りは果たしたのかなという感じですが、あの状態からの復活はないですね。

さて、オープニングでの今シーズンのエピソード的には、ほぼ消化しているように見えますが、残りはラスボス未来ちゃんとのバトルと、世界の畳み方がポイントでしょうかね。