2019081801ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note- 7話 「魔眼蒐集列車1/6 旅立ちの汽笛と第一の殺人」
Rail Zeppelin 1/6 A Train Whistle of Departure and the First MurderRail Zeppelin 1/6 A Train Whistle of Departure and the First Murder

この夏のアニメで、個人的に一番期待している『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 ‐魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン) Grace note‐』です。
今週からいよいよ原作にある表題のお話し「魔眼蒐集列車」が始まります。

「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」は、ざっくり言いますとFateシリーズのスピンオフになります。「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿」は、時間軸的にはFateシリーズの第四次聖杯戦争と地続きになりますし、登場人物もそこに深く関わっています。そこが物語の基盤とはなってはいるんですが、かといって、そこを知らなくても十分楽しめる内容にはなっていると思います。

原作者は「レンタルマギカ」の三田誠さんです。
伝奇的要素を得意とする方で、細かい設定をしっかりと作り込むところに特徴があります。なので、結構蘊蓄とか専門用語とかが出てきて、非常に興味深いです。しかも、ミステリ要素が強い作者さんなで、原作では伝奇的要素とミステリがうまく盛り込まれていて面白いです。

先週の第6話も原作にはないお話しでした。
幕間的なお話しといいますか、「グレイたんカワイイ」というお話しでした。
ポイントとしては、グレイちゃんが師匠へのプレゼントを購入した部分でしょうか。そして、ラストに今週からの「魔眼蒐集列車」への導入がありました。
それにしても、英語のサブタイトルが公式ページと違い『Catch-as-catch-can is a game for the ladies!』になっていたのは笑いましたが。

ということで、ロード・エルメロイⅡ世の事件簿7話 「旅立ちの汽笛と第一の殺人」、感想を書いておきます。
原作は、小説版を読んでいます。なので、気をつけますがネタバレが混じる可能性があります。
コミックスは、読んでいません。

あらすじ:(公式から引用
ロード・エルメロイⅡ世のもとから盗まれた征服王イスカンダルの聖遺物。
そこには代わりに、魔眼を商うといわれる列車――魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)からの招待状が残されていた。

ロード・エルメロイⅡ世とグレイはカウレスを伴い、魔眼蒐集列車へと向かう。そこには法政科の化野菱理、エルメロイ教室のイヴェット、天体科の君主(ロード)の娘オルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア、さらには聖堂教会のカラボー・フランプトンといった錚々たる顔ぶれが揃っていた。様々な思惑とともに列車は発車する…。

2019081802感想:
第七話ですが、ここからいよいよ作品タイトルにもなっている「魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)」編が開始です。サブタイトルが「魔眼蒐集列車1/6 旅立ちの汽笛と第一の殺人」となっていることからしますと、この「魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)」編で6話使うようです。
ラストはエピローグですか。原作の最終巻をいきなり使うことはないでしょうけれど。

先週のラストであった征服王イスカンダルの聖遺物が盗まれたことから始まりました。
その際に受け取った「魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)」への招待状、それに従ってロード・エルメロイII世は、列車に向かいます。ウェイバーくんが連れて行ったのが、グレイちゃんとカウレスくん。ここで、カウレスくんが同行するということで、3、4話で彼を登場させたんでしょう。

列車には、あらすじに書かれているような早々な面々が搭乗していますが、どれも曲者という感じですね。ここで注意しておかないといけないのが、この列車が「魔眼蒐集列車」だということですね。「魔眼」についてのオークションをする列車だということです。
エピソードからすると、どうしても聖遺物盗難の方に目が行きますが、「魔眼」についてのエピソードが重要だともう少し思わせてほしいところです。魔眼説明のためか、イヴェットが列車に乗っていますけど。

2019081803ポイントとしては聖堂教会のカラボー・フランプトンでしょうか。過去視の魔眼でグレイちゃんとアレキサンダー大王の関係を見たようですし。時計塔外の魔術師というのも気になりますね。

一方、今までウェイバーくんを支える役割り的な動きをしていたライネスは電車に乗りませんでした。
そして、獅子劫界離も再度登場ということで、どうやら列車の外側での説明役的な動きをすることになるんでしょうか。犯人は、列車に乗っているでしょうからね。

そして、サブタイトル通りに第一の殺人が起きました。第一ということは、第二の殺人もあるのでしょうか。
今回の殺人のポイントは、「未来視の魔眼」を持つオルガマリーの従者トリシャがなぜ簡単に殺されたのかということでしょうか。そうなると、列車に乗る前にグレイちゃんが驚いていた、トリシャのネックレスが気になりますね。列車に乗ったあとは身につけていませんでしたが。