ehshell 2018-12-01 09-48-32-04色づく世界の明日から #09 さまよう言葉です。

「色づく世界の明日から」は、個人的には、この秋のアニメの期待度ナンバーワンです。

なぜこのアニメかと言いますと、「凪のあすから」の篠原監督ということもありますが、スタッフ的にもそれで揃っていて、良い感じの作品にしてくれるのではという期待からですね。

もちろんストーリーもそうなんですけれど、作画と色遣いといいますか、あのあたりの独特感が大変良かったので、今回も期待しています。

しかし、アニメを見やすいようにの配慮かどうか分かりませんが、同じ曜日にずらり並べるのは、結局話題として埋もれる作品も出てくるのでどうかといいますか、感想書きにくいのでどうにかしてほしいです。

先週の第八話は、琥珀おばあちゃんメインという感じでした。
瞳美ちゃんを未来に帰すために時間魔法を習得しようとする琥珀おばあちゃんでしたが、それが習得できたと思ったけれど問題があったというお話しですか。
また、瞳美ちゃんは、本当に未来に帰りたいのか、瞳美ちゃんが未来に帰ることを魔法美術部員は本当に望んでいるのかということでした。多分、この先の伏線ですね。

ということで、色づく世界の明日から 第九話 「さまよう言葉」感想行きます。
オリジナルだとおもうのですが、どうなんでしょうか。

あらすじ:公式から引用

写真の腕を上げるため、部長の将にアドバイスを求めた瞳美。ふたりは次の休日、一緒に撮影に出かける約束を交わす。

そうしてやってきた約束の日。カメラを手にし、各地に足を運ぶ瞳美と将。充実した一日を過ごしたふたりだが、その帰り際、緊張しながらも将が瞳美を呼び止める。

ehshell 2018-12-01 10-04-05-76感想:
色づく世界の明日から #09 「さまよう言葉」です。

今週は、前半戦からチラチラと魅せられていた将のキモチの整理の回でした。
ここから、終盤に向けて物語りが動き出す感じでしょう。

サブタイトルの「さまよう言葉」は、瞳美ちゃんが将の告白にどう答えるかさまようという感じですね。結論は、今までのエピソードを見てきていると、ほとんど見えているのですが、そこに向かうのにどう物語りを積み上げるのかですね。

瞳美ちゃんが将の告白に悩むのですが、今までは瞳美ちゃんの悩みに皆が手を貸していたのですが、今回は自分で答えを出すように琥珀おばあちゃんも勧めます。そこが一つのポイントですか。
瞳美ちゃんが自分で考えて自分の答えを出せたことが、彼女の成長なのでしょうね。

瞳美ちゃんが気付いたことの中に、自分のキモチがあるのでしょうが、それが恐らくは翔へのキモチなんでしょう。

そんな中、一人彼女の背中を押したのがあさぎちゃんですか。
あさぎちゃんがというところがポイントなのでしょうね。
もちろん、あさぎちゃんのキモチは、瞳美ちゃんと将以外は気付いているわけで、視聴者も気付いているわけで、ここは次週以降への伏線というか繋ぎですね。

ところで、瞳美ちゃんがあさぎちゃんに悩みを告白する場面で、風景の色がなくなりました。ということは、彼女が色を失ったのは、彼女の心の問題なんでしょうね。

さて、ふと思ったのは、琥珀おばあちゃんは、瞳美ちゃんのおばあちゃんですから、当然おじいちゃんの名前は分かっているわけですよね。そうすると、琥珀おばあちゃんの結婚相手は、部活の男子生徒ではないということでしょうね。それならば、気付いているでしょうから。

作画は先週からは復活していましたが、当初ほどではなくということで、終盤に向けての貯金回なんでしょうか。