ehshell 2018-10-14 09-23-12-05SSSS.GRIDMAN #02 「修・復」です。

本当は「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の感想を書きたいところですが、まぁ4クールもあってきちんと書きつづけられる自信がなくって、こちらにしました。
いや、「ソードアート・オンライン アリシゼーション」が初回1時間で、録画30分しかしていなくて、見れていないというわけではないで・・・(苦笑)

さて、この「SSSS.GRIDMAN」ですが、どうやら円谷プロの特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を下敷きにしてトリガーが製作するアニメーションのようです。ポイントは、特撮の再現でしょうか。
トリガー側がやりたくて円谷プロに申し入れたようですし。

自分は『電光超人グリッドマン』を全く見ていないのですが、その辺りの円谷プロならではの特撮テイストがどう再現されるのか、アニメとどう共存するのか見てみたいと思います。

それにしても、何となくトリガーのアニメの感想書いている確率高いな。

先週の第一話では、冒頭で空から何かが降ってきて、その影響で裕太が倒れて記憶をなくしてしまうところから始まりました。そしてグリッドマンと出会うという感じです。
誰かが作った怪獣が暴れ、それをグリッドマンとなった裕太が倒したのですが、翌朝になると街はいつの間にか直っているという感じですか。

ということで、SSSS.GRIDMAN 第2話 「修・復」感想行きます。
1993年に放送された円谷プロの特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」が下敷きらしいです。見ていませんが。

あらすじ:公式から引用

放課後、謎を探るため再びグリッドマンの元へ訪れる裕太たち。使命を果たせと語りかけるグリッドマンの言葉を聞き、裕太たちは昨夜の出来事で何が変わったのかを調べ始める。

ehshell 2018-10-14 09-23-57-00感想:
SSSS.GRIDMAN #02 「修・復」です。

お話としては、いつの間にか修復されていた学校から始まりました。
そして、街は修復されているのにも関わらず、クラスメイトが三人消えていることに裕太たちは気付きます。しかし、裕太たち以外の人々はそれに気付きません。どうやら問川は中学生のときに死んでいたことになっているようです。

いなくなった問川たちは、第一話で裕太と新条さんでやりとりをしていたパンを潰した人たちですね。
ということで、さっさと怪獣を作っている犯人が明らかになってしまいました。今週は、ぶつかっても謝らなかった先生にその怒りの矛先が向いて、怪獣が登場することになります。
どうやら、犯人が許せないと思い作った怪獣で、その相手を殺すという動きをするようです。それが本当に死んでいるのかはわかりませんが。

しかし、巨大怪獣などで街を壊すときにいつも棚上げになっているのが、街はどうなるのかあれだけ街が壊れているので人的被害もあるよねというところですが、それに一つの答えを出した感じですね。面白いです。
というか、第一話よりこの第二話の方が格段に面白かった気がします。作画も良かったですし。

そして、今週はお約束の変身バンクからレベルアップに繋がって、その辺りは怪獣もののフォーマットに従って作られていました。ワクワクしました。

それにしても、新条さんいいですね。

あと、今週からOP/EDが付きました。OPは内緒ですがトランスフォーマーかと思いましたが、エンディングは歌はまぁまぁ、映像は結構好きです。いい感じでした。

次回も楽しみです。